メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

写真・図版

痛みに涙、坂本龍一の治療 がんの究極の原因に気づいた有料会員限定記事 (2019/1/29)

生きていれば、困難が重なる時があるのかもしれません。 自分ががんになるなんて、1万分の1も疑っていなかったんです。若い頃は徹夜続きでも平気で、「才能は体力」と公言していたし、40代からは健康オタクと言えるほど気を使っていました。 2014…[続きを読む]

写真・図版

がんの痛みを我慢しないで、適切な治療で和らげられる(2019/3/21)有料記事

 がんになると多くの患者が痛みを感じる。早い段階から痛みは現れて長く続き、患者の生活の質を落とす。だが、治療に使う医療用麻薬への誤解などで、我慢してしまうケースも少なくない。適切な治療をすれば痛みの多…[続きを読む]

シンポジウム「ネクストリボン2019」

写真・図版

がん、職場も支える 体験語り、前を向く シンポ報告(2019/2/28)

がんとの共生社会の実現を考える「ネクストリボン2019」(朝日新聞社、日本対がん協会主催)が、「世界対がんデー」の4日、東京都内で開かれた。シンポジウムとトークイベントがあり、計約1200人が参加し……[続きを読む]

2月4日は「世界対がんデー」 がんについて知ろう

がんとともに 写真特集

フォーラム アンケートから

がんとともに インタビュー編

「ネクストリボン」ツイート

がんとの共生社会を目指す情報をツイートします。

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

コラム「がん 当事者のことばから」

上野創

筆者プロフィール上野創(うえの・はじめ)

 1971年生まれ、東京育ち。東京本社映像報道部次長。97年、横浜支局員だった26歳のとき、肺に転移した精巣腫瘍(しゅよう)が判明。手術、抗がん剤治療を受け、2度再発。神奈川版に連載した記事「がんと向き合って」が本となり、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。社会部で教育や災害取材を担当、「がん」「自殺対策」「いのちの授業」などを継続して取材。

連載「がん新時代」

がんとともに AYA世代

【動画】若い世代のがん経験者がファッションショー(2017/11/04)

 思春期や若い成人(AYA世代)のがん経験者がライトを浴びながら笑顔でステージへ――。聖路加国際大学(東京都中央区)の日野原ホールで11月4日に開かれた集まりで、そんな場面があった。[続きを読む]

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】黒コショウの効いたイケ麺

    おんなのイケ麺

  • 写真

    【&TRAVEL】相棒が語る特殊能力や癖とは

    バックパッカー下川裕治

  • 写真

    【&M】「出演できることが誇り」

    北乃きい 2度目のボクサー役

  • 写真

    【&w】こっそり会った離婚した父親

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日山口出身のラッパーの読書術

    世の中の当たり前を疑う3冊

  • 写真

    WEBRONZA猫はいつから日本に?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンポール・スミスのバッグ

    どのシーンにもハマる理由<PR>

  • 写真

    T JAPAN中沢新一さんの偏愛おやつ

    パイを哲学的に味わう

  • 写真

    GLOBE+王とセラピスト、二人三脚

    吃音だった英国王、歴史秘話

  • 写真

    sippo大病を克服した保護猫

    犬と同居を始めて「犬化」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ