現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 日食
  5. 記事

ツアー外、こっそり入島者 日食の十島村「出て行って」

2009年7月19日5時40分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真悪石島小中学校の校庭では、ツアー参加者らが宿泊するテントが並び、スタッフが受け入れの最終準備に追われていた=18日午後2時54分、鹿児島県十島村、山本壮一郎撮影

図

 国内の陸地で見られるのは46年ぶりとなる皆既日食が22日に迫るなか、皆既帯にある鹿児島県の十島村(としまむら)が頭を痛めている。人の殺到を避けるため、事前に制限したツアー客しか受け入れないよう準備してきたのに、自前のヨットなどで島にこっそり入る人たちが相次いでいるからだ。

 「やっぱり、いたか」と村の担当者は嘆く。18日朝からツアー客の第1弾を乗せたフェリーの接岸が口之島(くちのしま)から始まった。だが一方でツアー客以外の上陸者は、この日までに5島で27人が確認された。

 漁業と畜産の村で、人口は600人余。「村がパンクしてしまう」と当初、皆既日食を「天災」とも表現。ツアー外の人たちの上陸を防ぐための条例制定まで検討した。

 大手旅行会社に委託したツアー客1500人に限って受け入れることにし、1126人が申し込んだ。島民の3倍以上の220人を受け入れる悪石島(あくせきじま)は水資源が乏しく、水源の50トンの貯水タンクを80トンに増量した。島内に1軒しかない商店は生鮮品を扱っておらず、食料を運んでこなければならない。

 ほかにも、テントに泊まるツアー客のための仮設シャワーや簡易トイレの設置、臨時電源の配備……。ツアー料金は鹿児島港発着の船中2泊、テント2泊のコースでも34万円台と高額だが、こうした出費が含まれているからだ。

 島への唯一の公共交通手段は、鹿児島港から10時間ほどかけて週2回就航する村営フェリーしかないため、ツアー客や村民以外はすでに乗船できないようにしている。ただ、海からの入島を常に見回るまではできない。

 ツアー外で入り込んだ人たちは、自前の船で水や缶詰を持参してテントなどに泊まり込んでいるという。村職員は「インフラ整備費込みの料金を払っているツアー客との公平さが保てない」と島を出るよう説得している。応じる人もいるが、「どうして出て行かなければならないのか」と拒む人もいるという。

 村で皆既日食を仕切る鳥越哲・経済課参事は「せっかく来てくれた人に出て行ってくれと言うのは心苦しいが、説得を続けたい」と話す。(斎藤徹、白井伸洋、福島慎吾)

■混雑、空も海も

 22日は皆既帯の上空や海上も混雑が予想される。

 「地上が曇りでも、雲の上に行けば見られる」と、薩摩半島にある枕崎空港(鹿児島県枕崎市)は5分に1機ずつが飛び立つ出発ラッシュになりそうだ。東北や関東、関西などから十数機が集まる予定で、開港以来のにぎわいになるという。

 トカラ列島近海に集まる船は、第10管区海上保安本部(鹿児島市)が把握しているだけで177隻。海外の旅客船もある。事前の届け出を求めているが、届け出ない船も多いとみられる。

 〈皆既日食と十島村〉 皆既日食は太陽と月、地球が直線上に並び、地上から見ると太陽が月に完全に隠される天文現象。国内の陸上で観測されるのは63年7月の北海道以来。十島村があるトカラ列島は七つの有人島と五つの無人島が南北約160キロに散らばり、全島で6分間ほど皆既日食が見られる。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内