現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. ノーベル賞
  5. 記事

ノーベル医学生理学賞に米国人3氏 細胞の老化を研究

2009年10月5日20時50分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図

写真エリザベス・ブラックバーンさん

写真キャロル・グライダーさん

写真ジャック・ショスタクさん

 スウェーデンのカロリンスカ医科大は5日、今年のノーベル医学生理学賞を、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン教授(60)、米ジョンズ・ホプキンス大のキャロル・グライダー教授(48)、米ハーバード大のジャック・ショスタク教授(56)の米国籍の3人に贈ると発表した。染色体の末端部にある「テロメア」が、細胞のがん化や老化にかかわる仕組みを解明した。

 賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億3千万円)で受賞者で等分する。授賞式は12月10日、ストックホルムである。

 テロメアは、細胞の遺伝情報が詰まっている染色体の末端部にあり、染色体を安定させ保護する役割をもつ。細胞が分裂するたびに染色体が短くなることが、以前から予想されていた。細胞の老化と関連すると見られていたが、詳しい仕組みは分かっていなかった。

 ブラックバーン教授とショスタク教授は82年、原始的な単細胞生物のテトラヒメナを使った実験で、染色体の端にある特殊なDNA配列テロメアの役割を解明。さらにグライダー教授とともに、短くなったテロメアを伸ばす酵素テロメラーゼを見つけた。つまり、細胞の老化を防ぐ働きをする酵素だ。

 老化が早く進む病気の人やクローン羊ドリーもテロメアが短い。染色体を守り細胞の寿命を延ばすといった働きがあり、老化との関係が明らかになりつつある。また、がん細胞では酵素テロメラーゼが活発に働き、無限に増殖させていることが分かってきた。この働きを止めれば、がんの増殖を抑えられるとして、新たな抗がん剤開発につながると期待されている。

 自然科学系の3賞では、同一の部門で女性2人が共同受賞するのは初めて。医学生理学賞を受賞した女性は今回の2人で10人になった。

 昨年までの女性受賞は3賞で12人。初めて受賞したマリー・キュリー氏は物理・化学両賞を受けており、のべ13人で全体の2.4%にとどまっている。(佐藤久恵)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内