現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. ノーベル賞
  5. 記事

粘菌で鉄道網の最適設計 中垣教授らにイグ・ノーベル賞

2010年10月1日11時36分

写真中垣俊之・公立はこだて未来大教授

写真関東地方の「駅」にあわせて置かれたエサを求めて、時間とともに実際の鉄道網のようなネットワークを形成する粘菌=科学技術振興機構提供

 【ニューヨーク=勝田敏彦】人を笑わせ、考えさせる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9月30日、ボストン近郊のハーバード大であり、粘菌を使って鉄道網の最適な設計を行う実験に成功した中垣俊之・公立はこだて未来大教授、小林亮・広島大教授ら9人が交通計画賞を受賞した。

 中垣さんは受賞の弁に代えて「東京の鉄道網の設計は簡単だったが、ボストンのはちょっとしんどかった」という「粘菌からの手紙」を読み上げ、会場の笑いを誘った。中垣さん、小林さんらは2008年にも粘菌に迷路を解く能力があることを示して認識科学賞を受賞しており、2度目の栄冠。

 このほか原油流出事故を起こした英石油大手BPなどが「水と油は混じらない」が誤りであることを示した功績で化学賞を受賞。靴の外側に靴下を履くと、凍った道で滑りにくいことを実証したニュージーランドのチームが物理学賞を受賞した。

 今回は同賞20年目の節目。34年以上、自分が食べた食事を撮影し続けて影響を調べて05年に栄養学賞を受賞した発明家のドクター・中松(本名・中松義郎)さんも招かれ、「私は5歳のとき最初の発明をした。今も発明の数は増えている」とあいさつした。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

発明家・ウォレスと愛犬・グルミットが珍事件を巻き起こすクレイアニメーション

サイエンスライターのマーカス・チャウンが、読者を天体探索の旅へご案内! 宇宙飛行士やロボット探査機が撮影した最新の画像をiPadで

これを読めばあなたも大発明家!? 「イグ・ノーベル賞」ノミネートのための傾向と対策を伝授


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介