現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 核なき世界へ
  5. 記事

核廃絶テーマに広島で国際シンポ 原発事故も議論

2011年7月31日20時17分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大大勢の人が訪れた国際平和シンポジウム=31日午後、広島市中区、諫山卓弥撮影

写真拡大折り鶴のレイをプレゼントされ、中・高生ピースクラブの2人を抱きしめて喜ぶオノ・ヨーコさん=7月31日、広島市中区、諫山卓弥撮影

 「核兵器廃絶への道〜いま、市民社会から何を問いかけるか」と題した国際平和シンポジウムが31日、広島市中区の広島国際会議場で開かれた。東京電力福島第一原発の事故をふまえ、核兵器をいかになくしていくかの議論は原発の是非にも及び、会場では約700人が熱心に聴いた。

 パネル討論では核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)代表のティルマン・ラフ氏が「原子炉、使用済み核燃料プールは、事前配備された巨大な放射能を出す兵器だ」と指摘。核の民生利用の段階的削減が「核兵器のない世界をつくる唯一の道だ」と話した。

 ラフ氏のほか、米国の核政策に詳しいカーネギー国際平和財団副理事長のジョージ・パーコビッチ氏、広島市立大広島平和研究所副所長の水本和実氏、中央大総合政策学部教授の目加田説子(もとこ)氏が討論した。「原発事故が起きた今年を核軍縮の原点とし、世界へメッセージを」(目加田氏)などという発言があった。

 特別ゲストの前衛芸術家オノ・ヨーコさんが「焼け野原から立ち上がった広島の人たちが希望の道を与えてくれた」とスピーチ。朝日新聞社が運営する被爆証言サイト「広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ」も紹介され、手記を寄せた被爆者2人が壇上で核廃絶への思いを語った。

 シンポジウムは広島市、広島平和文化センター、朝日新聞社が主催。長崎市、長崎平和推進協会、広島ホームテレビ、長崎文化放送が後援した。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介