現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 核なき世界へ
  5. 記事

66年目の広島原爆の日 市長「エネ政策再考を」

2011年8月6日9時42分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大平和記念式で祈りを捧げる人たち=6日午前8時15分、広島市中区の平和記念公園、矢木隆晴撮影

写真拡大原爆死没者慰霊碑の前では早朝から、犠牲者を悼む大勢の人たちが訪れた=6日午前5時12分、広島市中区、中里友紀撮影

写真拡大原爆死没者名簿を納める松井一実・広島市長(右)と遺族代表=6日午前8時2分、広島市中区、小玉重隆撮影

 広島は6日、戦後66年の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園で平和記念式があり、約5万人(市発表)が参加。原爆投下の午前8時15分に合わせ、黙祷(もくとう)した。東京電力福島第一原発事故後、初めての「8・6」。松井一実市長は平和宣言で、「事故が原発に対する国民の信頼を根底から崩した」と述べ、国にエネルギー政策を早急に見直すよう求めた。

 過去最多の外国代表が集った昨年より8カ国少ない66カ国と欧州連合の代表が集った。原爆を投下した米国は2年連続の参加で、出国中のルース大使に代わりズムワルト臨時代理大使(首席公使)が参列。核兵器保有国では英仏両国とロシア、事実上の核保有国イスラエルも参列した。

 4月に就任した被爆2世の松井市長は、初めて公募した被爆者の声から男女2人の体験を平和宣言の冒頭で引用。「被爆者は核兵器のない世界を願い、毎日を懸命に生き抜いてきた」と思いを代弁した。

 さらに福島原発事故に触れて「放射線の脅威は多くの人々を不安に陥れた」と指摘。「核と人類は共存できない」との立場から脱原発を主張する人々と、原子力管理の厳格化と再生可能エネルギーの活用を訴える人々がいる、としてエネルギー面で具体的な対応策を講じるよう国に求めた。

 菅直人首相もあいさつで原子力の「安全神話」を深く反省するとして、「原発への依存度を引き下げ、『原発に依存しない社会』を目指す」と述べた。

 式では前日までの1年間に亡くなった5785人の氏名が記載された名簿を、松井市長と遺族代表が原爆死没者慰霊碑に納めた。厚生労働省によると、3月末現在、被爆者健康手帳を持つのは21万9410人で、前年より8155人減った。平均年齢は前年より0.71歳上がって77.44歳になった。(加戸靖史)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介