現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 核なき世界へ
  5. 記事

ロシア戦略核、削減目標を達成 米ロが配備数公表

2011年6月2日17時40分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 米国務省は1日、米ロが新戦略兵器削減条約(新START)に基づいて交換した今年2月時点の戦略核弾頭数などの情報を公表した。ロシアが配備する戦略核弾頭数は1537で、同条約が2018年までの達成を義務づけた1550をすでに下回った。米国の配備数は1800だった。

 同条約は核弾頭を搭載する大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、戦略爆撃機の数を計800以下に制限している。2月時点で、米国は1124、ロシアは865だった。(ワシントン=望月洋嗣)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧