現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 核なき世界へ
  5. 記事

イラクの村、放射能汚染の影 8年経てがん相次ぐ

2011年6月20日3時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大白血病で客間に寝ているファデルさんと母親のトルキヤさん=アルワルディエ村、川上写す

写真拡大散乱する「イエローケーキ」が入っていたドラム缶=2003年5月、イラク・ザファラニヤ

図拡大  

 イラクの首都バグダッド郊外にあるアルワルディエ村を訪れた。2003年4月、イラク戦争による混乱の中、近くの核施設から村民が放射性物質が入った容器を持ち出して貯水タンクなどとして使った。8年を経て、住民たちは「がんが増えている」と訴え、現地の医師は早急な調査と対応が必要と警告する。

 バグダッド中心部から南に向かう幹線道路を車で約30分、道路の右手に広大な無人地帯が現れる。ツワイサ原子力研究センターだ。村はセンターの南東にある。数軒の商店が並ぶ中心部をのぞけば、耕地と農家が点在する人口1800人の農村である。

 センターの外壁から50メートルと離れていないマギド家では、客間でやせた少年が布団に横たわっていた。ファデルさん(15)で、昨年4月、バグダッドの病院で白血病と診断された。

 母親トルキヤさん(52)が「私は一日中、息子のそばで座っています。息子に『この薬でいつまで生きていられるのか』と聞かれるのがつらい」と語る。

 さらに奥の部屋に昨年10月に乳がんを手術した長女バイダさん(30)がいた。がんはすぐに再発。2カ月後、手術が難しい背骨に腫瘍(しゅよう)が見つかり、放射線治療を受け、現在自宅にいる。

 バイダさんは全身を覆う黒いアバヤを着て壁にもたれていた。娘と息子が寄り添う。手術をした医師はバイダさんがセンター近くの村の住民だと知ると、「放射能の影響だ」と言ったという。

 イラク戦争でフセイン政権が崩壊した時、センターを警護していたイラク軍は姿を消した。アルワルディエなど周辺の住民たちが敷地に入り、家具や電気製品を略奪した。「イエローケーキ」と呼ばれる放射性物質が入ったプラスチック製タンクやドラム缶などの容器も持ち出した。当時、水道は頻繁に断水し、水をためるのに必要だった。

 住民は中のイエローケーキを捨て、貯水用に使った。2、3カ月後に米軍が容器を回収しようとしたが、処罰を恐れて応じなかった住民もいた。その後、国連が全戸に新しい貯水タンクを配布し、持ち出した容器は回収された。

 住民たちの証言によると、03年半ばに米軍の医師が測定器を持って各戸を訪問したという。家具や家畜などにも測定器を当て、「このアヒルは食べるな」と通訳を介して指示された村人もいる。その後、村に4台のバスがきて、村人100人以上を乗せて、近くのマダイン病院で採血したという。米軍か国連による人体への放射能の影響調査と見られるが、結果は発表されていない。その後、住民に対する健康診断は一度も実施されていない。

 病院の検査に参加したムハンマド・カラムさん(20)は医者から「5年から10年後に健康に異変が出るかもしれない」と言われたという。家では容器三つをセンターから持ち出して使っていた。ムハンマドさんの父カラムさんは3年後の06年から血尿が出るようになり、膀胱(ぼうこう)がんと診断された。手術をしたが、昨年11月に死亡した。

 イラク戦争後、2人の兄弟とめいの3人をがんで亡くし、いま妻が乳がんで苦しむサルマン・フメイドさん(59)一家は容器を使っていなかった。「水道も汚染されたんだ」と訴えた。(中東駐在編集委員・川上泰徳)

     ◇

〈ツワイサ原子力研究センター〉 旧フセイン政権の核開発の中核施設。1981年にイスラエル軍が空爆したオシラク原子炉もここにあった。湾岸戦争(91年)後には国連と国際原子力機関(IAEA)による大量破壊兵器解体のための主要な査察対象となった。ツワイサでは原爆製造を目的にウラン高濃縮技術の研究を続けていたとされる。

 天然ウラン鉱石を製錬してつくる酸化ウランの粉末「イエローケーキ」も、このセンターの倉庫に貯蔵されていた。純度など詳細は不明。イエローケーキからウラン235を抽出すれば核兵器の原料にすることも可能。回収されたイエローケーキはその後、カナダに搬出された。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

加藤千洋さんの記事を配信中。第一線の論客と朝日新聞の専門記者が、「タイムリーで分かりやすい解説」を提供。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧