現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 核なき世界へ
  5. 記事

原子力ポスターの募集・表彰「廃止を」 市民団体、国に

2011年7月6日20時38分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 原子力の利用をテーマにした絵を小中学生らから募集し表彰する「原子力ポスターコンクール」の廃止を求め、環境保護に取り組む市民団体などが6日、約1万2千人分の署名を文部科学省などに提出した。

 コンクールは同省と経済産業省資源エネルギー庁の共催で、1994年から毎年実施。福島第一原発の事故を受け、今年は見送ることが決まっている。

 署名を呼びかけた一人で、この日提出に訪れた東京都杉並区の羽田野晃弘さん(40)は「未来を担う子どもたちに原子力が主力だと思わせるのはやめて、リスクも含めた正確な情報を伝えてほしい」と話した。

 昨年のコンクールの応募要項は、「地球にやさしい」「5重の壁で安全を守る」「電気のごみは地下深くへきちんと処分」などと、原発や放射線の利点を強調した九つの「ヒント」を掲載。これらを参考にポスターを描くよう呼びかけていた。文科省の担当者は「来年実施するかどうかは、国のエネルギー政策の議論を見守って決めたい」としている。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧