asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 日テレ視聴率操作  
【日テレ視聴率操作】
 
「起こるべくして起きた」「信じられない」制作現場の声

ビデオリサーチ社、会見
会見にのぞむビデオリサーチ社の竹内毅社長(中央)ら幹部=24日午後8時すぎ、東京都中央区の同社で

 視聴率競争の先頭を走ってきた日本テレビで発覚した「買収工作」。社員からは、「起こるべくして起きた」との声も漏れた。

 ある社員は「視聴率至上主義の社風が行き着くところまで行った結果、起きた事件だ。まったく恥ずかしい」と嘆いた。「わが社の場合、報道の現場でも、視聴率の稼げるニュースがトップ項目になり、ニュース価値のあるものが放映すらされないことがあるといい、現場の不満が聞こえてくるほどだ」

 ドラマやバラエティー番組に携わってきた別の社員は「信じられない。視聴率をいじることはできないものという大前提がある。誰も考えないこと」と話した。「(不正工作には)お金も時間もかかる。馬鹿馬鹿しい。だったら、ちゃんと番組を作った方がいい」

 今回の事件では当初、元制作会社長が「買収工作」を引き受けていたとされる。テレビ局の下請けをする制作会社の間にも波紋は広がった。

 「絶対やってはいけないことだが、キー局に指示されれば下請けが断ることはありえない」。バラエティー番組などを手がける構成作家はこう話す。

 広告収入減などでテレビ業界は、制作費の大幅削減は日常茶飯事。その影響が直撃するのは下請けの制作会社だという。「キー局の担当者の指示は『絶対』。指示を断れば切られる。仕事が続けられるかどうかは、視聴率にかかっている。『何で数字取れないの?』とキー局側から詰問されることもしばしばで、視聴率が取れなかった際の責任も制作会社が負うことが増えた」という。

 別の制作会社員は、今回の手口について「最も直接的に数字を上げる手法として、笑い話としてはずっと語られてきた。それが空想に過ぎなかったのは、膨大な視聴者の中から、わずかな、しかも随時変更されている対象世帯を割り出すことなど、不可能だったからだ」と話した。 (10/24 22:35)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission