asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
 
 
 
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
ミサイル推進薬完成可能な機器一式、北朝鮮へ セイシン

 粉体工学機器製造会社「セイシン企業」(東京都渋谷区)による不正輸出事件で、同社が北朝鮮に輸出した機器は粉砕機「ジェットミル」だけではなく、混合機など多数の関連機器もセットにしていたことがわかった。これらを組み合わせて使えば、固体燃料で飛ばすミサイルの推進薬を完成させられる。北朝鮮が固体燃料のミサイルを開発するために入手したとみられ、警視庁公安部が取引の経緯を調べている。

 これまでの調べでは、朝鮮総連の傘下団体「在日本朝鮮人科学技術協会」(科協)幹部が93年末、都内の機器販売会社にジェットミルなどを買ってくれるよう頼み、販売会社から持ちかけられたセイシンが受注した。

 セイシンはジェットミルのほか混合機、ふるい分け機、粒度分布測定器、乾燥機などの関連機器計三十数台も販売会社経由で、北朝鮮と関係が深いとみられている都内の機械商社に売った。機器類は94年3月、北朝鮮の貨客船万景峰92号で新潟港から送られた。

 ミサイルと同じロケットの燃料を研究している文部科学省宇宙科学研究所(神奈川県相模原市)によると、ミサイル推進薬は過塩素酸アンモニウム(AP)に、金属の粉末とゴムを混ぜ合わせて作る。

 まずジェットミルで原料のAPや金属を細かく砕く。次にふるい分け機でAPの粉末を大きさごとに3種類に分ける。測定器は大きさを測るのに使う。乾燥機で乾かした粉末を混合機でゴムと混ぜ、硬化剤などの薬品を入れると推進薬ができるという。

 同研究所の堀恵一助教授は「これほど多数の機器類が輸出されていたのかと驚く。あとは原料さえあれば推進薬ができる」と話す。

 北朝鮮は固体燃料ミサイルを保有していないとされるが、公安関係者によると当時北朝鮮はミサイルの固体燃料開発に取り組んでいた。だが粉末の大きさを調整できず、ふるい分け機などを探していたとの情報がある。

 この取引についてセイシンは「日本の会社から注文された国内取引で、輸出ではない」と主張している。公安部は、セイシン社員が科協幹部と直接会ったり、同社側が幹部に機器の仕様書を渡したりしたことを示す文書を押収しており、同社が北朝鮮への輸出を知っていたとみている。 (06/14 05:59)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 北朝鮮に核放棄を求める動き ARF閣僚会議始まる(06/18 13:23)
  • 「接岸拒否」「荷揚げする」 にらみ合い続く富山港(06/18 02:26)
  • 韓国前大統領秘書室長を緊急逮捕 北朝鮮への送金疑惑(06/18 00:23)
  • 万景峰号、23日も入港取りやめ(06/17 20:35)
  • 「日本をなめているのか」北朝鮮船入港拒否で扇国交相(06/17 10:55)
  • 故金日成主席の生誕記念日、今年は特別配給見送り(06/17 06:00)
  • 広島市が金総書記に招請状 「原爆の日」記念式(06/16 20:42)
  • セイシン、規制後も粉砕機の輸出攻勢 中・韓・台湾など(06/16 15:15)
  • 「金総書記が劇的に政策転換する可能性も」 安倍副長官(06/15 22:30)
  • 「強力な戦争抑止力、正しい選択」北朝鮮の金永南委員長(06/15 21:17)
  • 北朝鮮アナに「気迫」説く教本 絶叫調の裏に総書記教示(06/15 09:42)
  • 北朝鮮船に早期退去を要請 富山県(06/14 21:01)
  • 朝鮮半島の縦断鉄道が連結 開通は国際政治の行方がカギ(06/14 14:27)
  • 対北朝鮮、多国間協議呼びかけ 日米韓会合共同発表文(06/14 12:38)
  • 北朝鮮の大量破壊兵器 米国は拡散の証拠承知せず(06/14 10:44)
  • ミサイル推進薬完成可能な機器一式、北朝鮮へ セイシン(06/14 05:59)
  • 対北朝鮮「対話と圧力」の認識一致 日米韓グループ会合(06/13 13:27)
  • 北朝鮮船舶に対する検査強化を非難 放送メディア(06/13 13:02)
  • 3者協議後なら「5者」も 北朝鮮国連次席大使示唆(06/13 03:38)
  • 北朝鮮への輸出規制強化、アジア諸国に協力要請へ 政府(06/12 17:17)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission