asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
北朝鮮が米国訪問団の核施設立ち入りで合意 米紙報道

 米紙USAトゥデー(電子版)は2日、北朝鮮が来週、同国を訪れる米国訪朝団に寧辺の核関連施設への立ち入りを認めることで合意した、と報じた。ソウルの韓国政府関係者は同日、「時期ははっきりわからないが、そうした計画があることを承知している」と報道を確認した。

 立ち入りが実現すれば、02年12月に北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)査察官を国外退去にして以来、ほぼ1年ぶりの外国人による核施設立ち入りとなる。

 同紙によると、訪朝団は核開発の拠点、ロスアラモス研究所の所長を務めたヘッカー氏や中国の専門家、北朝鮮訪問経験のある上院議員、交渉窓口だった元国務省当局者らで構成される。6日から10日までの日程で、訪朝する。

 核問題をめぐる日中韓ロを含めた6者協議の次回開催決定を前に、北朝鮮が米国に核施設を「開放」する意向を示した背景として、同紙は(1)核兵器の保有を実証し、交渉に強い立場で臨む(2)協議で合意が成立すれば核査察に応じるとの姿勢を示す、などの狙いがあると指摘している。

 また、米政府が12月下旬に表明した北朝鮮への6万トンの追加食糧支援に加えて今回、専門家らの訪朝を容認したことで、同紙は北朝鮮が次回の6者協議に応じる可能性が高まるだろうと報じた。 (01/02 22:25)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission