asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
北朝鮮、05年に原爆8個分のプルトニウムも 英戦略研

 英国の有力シンクタンク国際戦略研究所(IISS)は21日、北朝鮮の兵器開発を分析した報告書を公表した。「少数の核兵器製造に必要なプルトニウムを保有している」と指摘。記者会見したチップマン所長は「05年中に、最大で原爆8発分のプルトニウムを確保する可能性がある」と述べた。

 同所長によると、北朝鮮は92年までに取り出した使用済み燃料から、原爆1、2発分に相当するプルトニウムを回収。さらに貯蔵されている使用済み燃料を使い、原爆2〜5発分のプルトニウムを入手したとみられる。昨年、運転を再開したとされる原子炉からは1年に原爆1発分のプルトニウムが抽出されると考えられ、来年までに原爆4〜8発分の核物質が蓄えられる計算になる。

 報告書は「北朝鮮が核兵器を持っているか否か明言できないが、保有していないと結論するのも不可能だ」とした。記者会見では「プルトニウム利用型の原爆開発に必要な高度技術をすでに獲得したかどうか、確認は難しい」と述べた。

 94年の米朝合意で核開発を制限された結果、化学兵器の開発に力を入れるようになったのではないか、と推測。化学兵器が実際に戦力の一部として配備されている可能性がある、と強調した。また、北朝鮮が中東などへ売り込むミサイルや同技術は減少傾向にある、と指摘した。 (01/21 23:34)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission