asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
パウエル長官、北朝鮮核問題解決に楽観的見方示す

 パウエル米国務長官は21日、ジョージア州アトランタのラジオ局の番組に出演し、北朝鮮の核問題について「(朝鮮半島の非核化は)実現できるだろう」と楽観的な見方を示した。さらに「私たちは紛争を望んでいない」と語り、対話による平和解決を目指す考えを改めて強調した。また、「逆行不可能かつ恒久的な形で核能力を廃棄すれば、北朝鮮の人々の暮らし向きは良くなる」と述べ、北朝鮮が核を放棄した後の経済支援の可能性を示唆した。

 司会者から「北朝鮮も大量破壊兵器を持っているのに、なぜ(イラク同様)攻撃しないのかという批判がある」と聞かれると、長官は「状況が違う」と反論、「なぜ米国対北朝鮮でなければいけないのか。中国も利害関係がある。韓国も日本もロシアもそうだ」と語り、多国間の枠組みによる問題解決の必要性を強調した。

 また「米国が北朝鮮との交渉に応じないのは、過去に試して機能しなかったからだ」と述べ、94年の枠組み合意が失敗に終わったことを踏まえ、今後も6者協議の場で北朝鮮への働きかけを続ける考えを示した。

(01/22 12:08)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission