asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
北朝鮮核放棄の検証、新体制で 米政府が構築に着手

 米政府は、北朝鮮が核開発計画の放棄に応じた場合にそなえて、国連安全保障理事会の常任理事国、日韓両国、国際原子力機関(IAEA)による検証体制の構築に乗り出した。北朝鮮は放棄する姿勢を見せていないが、国際的な新たな枠組みづくりを進めることで、次回の6者協議で北朝鮮への圧力を強める狙いもある。一方、米政府内でも専門家グループが核解体を具体的に検証する方法について検討を始めた。

 北朝鮮の核問題をめぐる6者協議では「朝鮮半島の非核化」が焦点。米政府は北朝鮮に核開発計画の全面放棄を迫るが、北朝鮮は自国の「安全の保証」を求め、平行線をたどっている。

 米政府がめざす新たな体制は、常任理事国の米英仏中ロ5カ国に、6者協議に参加する日韓両国、さらにIAEAが加わる「7カ国プラス1国際機関」。米政府高官は朝日新聞の取材に対し、この体制づくりに水面下で着手していることを認め、「すでに他の常任理事国と議論している」と語った。

 同高官は「北朝鮮の核問題では常任理事会が役割を担うべきだ、という考えで一致している」とも述べ、理事国間で基本的な「合意」を得ていると説明した。

 IAEAによる検証だけでは不十分とみている理由について、同高官は「IAEAはあくまで原子力の平和利用促進を目的に創設されている。核兵器には対応できない」と語り、イラク戦争を機に深まったIAEAへの不信感をうかがわせた。

 一方、別の米政府当局者によると、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)は、エネルギー省を軸に国務省、国防総省、中央情報局(CIA)などの担当者を集めた「技術監督グループ(TOG)」を発足させた。すでに昨年12月と今月に会合を開いた。

 北朝鮮が将来、核査察に対して十分な情報を提供しない場合も想定し、「情報隠しなどがあれば数年間を費やしてでも検証する。そのためのシミュレーションづくりを急いでいる」と同当局者は話した。

 TOGは、北朝鮮の寧辺にある5000キロワットの黒鉛減速炉などの解体方法について、同型の原子炉を持つ英国などから情報提供を受けている。 (01/24 18:16)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission