asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【北朝鮮核問題】
 
カーン博士、イラクとシリアに核売り込みか 現地紙報道

 「核の闇市場」の中心人物とされるパキスタンのカーン博士が北朝鮮、イラン、リビアなどを訪問し、さらにイラクの旧フセイン政権やシリアにも売り込みを図っていたとパキスタン紙ニューズが報じた。

 8日付の同紙によると、昨年10月、アーミテージ国務副長官とアビゼイド米中央軍司令官が相次いでパキスタンを訪問し、ムシャラフ大統領や軍首脳と会談。その際、カーン博士の外国訪問と「闇市場」との接触を示す詳細な行動記録を示したという。

 それによると、カーン博士は過去数年のうちに、北朝鮮、イラン、リビアのほか、闇市場の拠点として浮上しているアラブ首長国連邦を訪問。また92年にはイラクのフセイン政権に核機密の売り込みを図った。90年代半ばには、中東のベイルートでシリア政府高官とも密会していた。

 米側の記録は分刻みの詳しさだったといい、パキスタン政府高官は「まるで博士の体に(尾行用の)発信器を取り付けていたかのようだった」と同紙に述べた。

 米高官訪問の2週間後、国際原子力機関(IAEA)からも同様の疑惑を指摘した疑惑調査要求が届き、パキスタン政府による科学者の拘束が始まったという。

(02/09 21:09)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission