asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 北朝鮮核問題  
【北朝鮮核問題】
 
日米韓、6者協議前に戦略すり合わせ 23日ソウルで

 日米韓3カ国は、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議が25日に北京で開幕することに備え、23日にソウルで局長級協議を行うことを決めた。6者協議でそれぞれ首席代表を務める米国のケリー国務次官補、韓国の李秀赫(イ・スヒョク)・外交通商次官補、外務省の薮中三十二アジア大洋州局長が、北朝鮮にウラン濃縮計画も含めた核開発計画の放棄を迫るための戦略をすり合わせる。

 米政府筋が明らかにした。次回の6者協議で、北朝鮮は寧辺の核開発施設の凍結を表明する方針だが、ウラン濃縮計画については存在を否定している。これに対し、日米韓3カ国は北朝鮮が同計画を含めた核の全面放棄に応じなければ、北朝鮮の求める「安全の保証」や経済支援、関係正常化などには応じられないとの立場だ。

 ただし、日米両国と韓国では、北朝鮮が核の放棄に向けて動き出した場合に対価を与えるタイミングなどをめぐって、微妙な立場の違いがある。また、日朝政府間交渉の再開で、拉致問題に何らかの進展があった場合、日本政府の方針に変化があるのではないかとの懸念も、米政府では浮上している。

 このため6者協議の直前に局長級協議を開くことで、日米韓3カ国が一致して北朝鮮に「完全で検証可能かつ逆行不可能な核の放棄」を求める方針を改めて確認。足並みをそろえて6者協議に臨むという姿勢を示す狙いもあるとみられる。 (02/14 03:05)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission