写真・図版

原爆で破壊された長崎・浦上天主堂。爆心側の南入口に立つ聖ヨハネ像(右)と悲しみのマリア像 。熱線で剥離(はくり)した白いところと溶けた黒い部分がある。右側れんが壁の台石が爆圧で動いたのが見える。1973年に返還された米軍資料カラー写真=1945年、米軍撮影

写真・図版

  • 前へ
  • 次へ

原爆で破壊された長崎・浦上天主堂。爆心側の南入口に立つ聖ヨハネ像(右)と悲しみのマリア像 。熱線で剥離(はくり)した白いところと溶けた黒い部分がある。右側れんが壁の台石が爆圧で動いたのが見える。1973年に返還された米軍資料カラー写真=1945年、米軍撮影

[ 1/64 ]

  • 前へ
  • 次へ