メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インタビュー「被爆国から2016」

核をめぐる主な動き核をめぐる主な動き

 広島、長崎への原爆投下から71年の夏。オバマ米大統領は被爆地・広島に歴史的な一歩を刻みましたが、「核なき世界」への道のりは長く険しいのが現実です。それでも私たちはあきらめず、歩みを前へ進めたい。インタビューシリーズ「被爆国から」。核問題と向き合う各界の7人に話を聴きます。

写真・図版

(被爆国から2016夏)語り継ぐ 歴史消さない(2016/7/26)

■文化批評家・切通理作さん(52) 「被爆者なのに原発を許した罪は重いのでは……」。長崎で学徒動員中に被爆した86歳の母は、福島の原発事故後そう言い、小さな声でも発信したいとブログを立ち上げました。で…[続きを読む]

被爆国から2015冬

被爆国から2015

PR情報

被爆者アンケート

朝日新聞社のアンケートをもとにした被爆者の詳細な証言や動画を公開しています

PR注目情報

朝日新聞・核と平和取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ