メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核の神話・大型インタビュー

核の神話

 原爆投下から70年が過ぎ、米国で核兵器はいかに語られてきたのか。米の論争や核開発の現場でインタビューを重ねました。第1部(1~5)では「日本降伏、原爆は必要だったか」をテーマに、元政府高官らに聞きました。第2部(6~13)では「マンハッタン計画」の現場を取材。第3部(14~)では、核兵器と原発の危険に包まれた核の時代をどう生き抜くかについて、識者やヒバクシャらと考えます。

  • 写真・図版

    受け継ぐ「大地」、福島だけではない(2016/5/2)

    福島第一原発事故から5年。あの時、父親を自死により失った樽川和也さんが語るドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」が劇場公開されている。制作者らが映画に込めた思いとは――。井上淳一監督、企画した馬奈木…[続きを読む]

大型インタビュー・オピニオン面から

 主に朝日新聞オピニオン面に掲載された「核といのちを考える」の大型インタビューをまとめました。核廃絶のため、国際社会はどのような道を歩むべきか。世界の政府関係者・知識人らにたずねました。

朝日新聞・核と平和取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ