メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 644 やろうとしたわけでもないけ…(1/22)

     やろうとしたわけでもないけどやってしまった、ということのほうが表現としての価値を大きく占める 赤瀬川原平  そのやってしまった「表現」の価値は、それを見る人、つまりは生身の受容体の中を横断してはじめて現れると、雪舟の……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「折々のことば」 ぐっと引いて、時に熱く 鷲田清一さん

     朝日新聞1面のコラム「折々のことば」が、きょう500回を迎えました。哲学者の鷲田清一さんが縦横無尽に探し出した古今東西の言葉を、昨年4月から毎朝お届けしてきました。60文字以内の言葉、152~180文字の解説で伝えようとしてきたことを、鷲田さんに聞きました。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】スマホとゴーグルで宇宙へ

    新発売のVR玩具

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】東京オートサロン2017

    会場彩った美女たちを写真で

  • 【&w】うちは「おかえり~♪」です

    相武紗季×遊川和彦対談

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA青天かつらで際立つ美貌

    星組『燃ゆる風』で七海ひろき

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ