メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 408 もう決まったことだから(5/24)

     もう決まったことだから だめな上司は、つい(続き)  「俺は聞いていない」とうそぶく上司のもう一つの常套句(じょうとうく)。「決めたこと」ではなく「決まったこと」とやんわり恫喝(どうかつ)。ここには主語がない。自分で……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 鷲田清一さん・高橋源一郎さん、「ことば」を語る

     朝日新聞連載「折々のことば」筆者で哲学者の鷲田清一さんと、「論壇時評」筆者で作家の高橋源一郎さんが1月22日、東京都世田谷区の複合施設二子玉川ライズで「『折々のことば』のつくり方」をテーマに対談しました。「ことば」について考えることを広く語り合った対談の模様をご紹介します。

  • この一言、私の宝物 中高生から応募1万6323作

     あなたの大切な「ことば」と、そのエピソードを教えてください――哲学者・鷲田清一さんの朝刊1面コラム「折々のことば」にならった作文を中学・高校生に呼びかけた「私の折々のことばコンテスト」に1万6323作の応募がありました。審査会で決定した最優秀賞の全文と、入賞10作品の「ことば」を紹介します。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】なんだ、この機械は?

    画期的な全自動猫トイレ

  • 【&TRAVEL】スイスを賢く旅するヒント

    憧れの国が気軽に〈PR〉

  • 【&M】MLBデビューした元服役囚

    古内義明のメジャー見聞録

  • 【&w】山口浩シェフが選ぶコーヒー

    ネスカフェ「コク深め」〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム湊かなえ作品に山本周五郎賞

    三島賞は蓮實重彦「伯爵夫人」

  • WEBRONZA報道の自由、日本の危機

    圧力に対する抵抗力の弱さ

  • 写真

    ハフポスト日本版 美しいドレス姿

    カンヌ映画祭で話題沸騰

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ