メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 738 よくぞ今まで生きてこられま…(4/28)

     よくぞ今まで生きてこられましたね。今、生きている自分を褒めてあげてください 柳田邦男  次男を自死で喪(うしな)ったノンフィクション作家は、幼子を亡くしたある母親から手紙をもらい、「もがきながらでも生きていこうとする……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「折々のことば」 ぐっと引いて、時に熱く 鷲田清一さん

     朝日新聞1面のコラム「折々のことば」が、きょう500回を迎えました。哲学者の鷲田清一さんが縦横無尽に探し出した古今東西の言葉を、昨年4月から毎朝お届けしてきました。60文字以内の言葉、152~180文字の解説で伝えようとしてきたことを、鷲田さんに聞きました。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】プロの掃除をプレゼント!

    新感覚の母の日ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】黄金の卵サンドでピクニック

    京のひと皿

  • 【&M】妻への抑えきれない愛と欲望

    アルコ&ピース・平子祐希

  • 【&w】細川亜衣さんの緑マヨネーズ

    「野菜」レシピ

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA希望持てる社会を作るために

    エキタス「最低賃金1500円」

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ