メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 709 海のものとも山のものとも知…(3/29)

     海のものとも山のものとも知れないのは、君にとっての彼女であり、彼女にとっての君なのだよ 池上哲司  彼女ができた息子に、一つの家庭を維持するのにどれほどの努力が要るかを確(しか)と伝えておこうと、父は思う。昔、先の見……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「折々のことば」 ぐっと引いて、時に熱く 鷲田清一さん

     朝日新聞1面のコラム「折々のことば」が、きょう500回を迎えました。哲学者の鷲田清一さんが縦横無尽に探し出した古今東西の言葉を、昨年4月から毎朝お届けしてきました。60文字以内の言葉、152~180文字の解説で伝えようとしてきたことを、鷲田さんに聞きました。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】高画質での高速連写を実現!

    話題の新型ミラーレス

  • 【&TRAVEL】くまモン、リカちゃん初就任

    フランス観光親善大使〈PR〉

  • 【&M】タイヤのサイズ表記の読み方

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】根津の「おもちゃ箱」

    おいしいゲストハウス

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA英米のファーストレディーは

    公人か私人か…あり方を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ