メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 674 人は、見晴らしがよくなった…(2/22)

     人は、見晴らしがよくなった瞬間をこそ、もっとも恐れるべきなのかもしれない。 三浦雅士  「あとから考えだした理屈が、逆にその行為の理由になる」ことがよくあると評論家は言う。たとえば神社仏閣に手水(ちょうず)所がある……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「折々のことば」 ぐっと引いて、時に熱く 鷲田清一さん

     朝日新聞1面のコラム「折々のことば」が、きょう500回を迎えました。哲学者の鷲田清一さんが縦横無尽に探し出した古今東西の言葉を、昨年4月から毎朝お届けしてきました。60文字以内の言葉、152~180文字の解説で伝えようとしてきたことを、鷲田さんに聞きました。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】本気のスマホ撮影!

    ツァイスのスマホ用レンズ

  • 【&TRAVEL】乗車率250パーセント

    世界の長距離列車に乗る2

  • 【&M】日産のキャンプ車ベース車両

    キャンピングカーショーで注目

  • 【&w】3LDK+和室を2LDKに

    リノベーション・スタイル

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA振り込め詐欺、最新の手口は

    発信元を実在の警察署に!?

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ