メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 1239 「大人になっても○(マル…(9/26)有料記事

     「大人になっても○(マル)をつけてもらいたい時があるの」 宮原るり  ■鷲田さんのことば  不器用にしか生きられない「残念な」若者たちの下宿「河合荘(かわいそう)」。田舎に戻り父親の会社に入った元下宿人が、父が煙たく……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「折々のことばコンテスト」サポーターに岩崎春果さん

     心に刺さって離れないことば、あなたにありますか?――中学生と高校生を対象に、「ことば」にまつわるエピソードを募る「私の折々のことばコンテスト」の作品募集が始まりました。4回目となる今年は「折々コン2018」サポーターとして、タレントの岩崎春果さん(15)を起用しています。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】工具メーカーの鋭い切れ味

    プロ御用達のおろし器

  • 写真

    【&TRAVEL】織田家ゆかりの名水の街

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】新作「散り椿」が公開間近

    木村大作が語る映画撮影

  • 写真

    【&w】伊坂幸太郎の人気シリーズ

    ファン待望の三作目〈PR〉

  • 写真

    好書好日150冊読んで見つけた原作

    木村大作監督「散り椿」秘話

  • 写真

    WEBRONZA韓国の脳死・臓器移植の現状

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン銀座三越で特別イベント開催

    旬の着こなし術を編集長が解説

  • 写真

    T JAPAN花や鳥をお菓子で表現

    伝統工芸菓子の妙なる世界

  • 写真

    GLOBE+政治劣化はトランプのせい?

    否、逆だ。その理由は

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ