メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 997 誰かがいつも側にいて、黙っ…(1/20)有料記事

     誰かがいつも側にいて、黙って、あるいはうなずきながら聞いているのだった。 小岩勉  ■鷲田さんのことば  原発の誘致か反対かで大きく揺れる中、1984年に運転を開始した女川原発。数年後に漁村の暮らしと生業(なりわい)……
    続きを読む

鷲田清一「折々のことば」新聞そのままプリント・有料会員限定

朝日新聞「折々のことば」朝刊一面に連載中!

  • 「建前」通らない社会、理念の危機 鷲田清一さん

     折々のことば」が、4月に3年目を迎えました。筆者で哲学者の鷲田清一さんに、この2年間、毎日どんな思いで人々のことばに耳を澄まし、コラムを書き続けてきたのかを語ってもらい、素朴な疑問をぶつけてみました。

ことば一覧

プロフィール

鷲田 清一 (わしだ・きよかず、京都市立芸術大学長・哲学)

1949年京都市生まれ。大阪大総長・大谷大教授などを歴任。現象学・身体論の視点から、医療や介護、教育の現場などに哲学の思考をつなぐ「臨床哲学」にも取り組む。著書に『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)『メルロ=ポンティ可逆性』など。

情報:ブック・アサヒ・コムより

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ポイントは目線!

    成長を楽しく撮る小ワザ

  • 写真

    【&TRAVEL】京都にあのカボチャが出現!

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「感動しかなかった」

    ノンスタ石田、娘への愛語る

  • 写真

    【&w】写真家・上田義彦の30年

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「中国の検閲には波がある」

    代表的な作家・閻連科が語る

  • 写真

    WEBRONZA矢崎広インタビュー

    『PHOTOGRAPH 51』出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン痩せる食事vs太らない食事

    減量がうまくいかないわけとは

  • 写真

    T JAPANグッチが選んだ世界で唯一の

    “カセットテープ専門店”

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ