現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 「陸山会」資金疑惑
  5. 記事

4億円どこから? 小沢氏の関与は? 検察聴取の焦点

2010年1月23日3時1分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反容疑事件で、東京地検特捜部は23日午後、東京都内で小沢氏本人の任意の事情聴取を行う。土地取引や購入原資4億円などへの小沢氏の関与の解明が焦点となる見通しだ。小沢氏側の関係者によると、小沢氏側は聴取後にコメントを発表する予定だ。

 特捜部は、陸山会の会計責任者だった公設第1秘書・大久保隆規(たかのり)(48)、いずれも元秘書で事務担当者だった衆院議員・石川知裕(ともひろ)(36)、池田光智(32)の3容疑者を同法違反(虚偽記載)容疑で逮捕した。3人は、2004年10月に東京都世田谷区の宅地を約3億5千万円で購入した際の原資4億円や、07年に小沢氏への同額の支出を政治資金収支報告書に記載しなかった疑いが持たれている。

 小沢氏の聴取のポイントは、(1)土地取引への関与度(2)虚偽記載の認識の有無(3)購入原資4億円へのかかわり――などが予想される。

 陸山会は土地代金を支払った直後、関連団体から集めるなどした4億円で定期預金を作成。これを担保に小沢氏個人が同額の融資を受けて陸山会に転貸していた。特捜部は、融資などの取引が、本来の原資4億円を隠すための偽装工作とみている。

 秘書寮用地とする土地取引は、小沢氏の指示で始まり、融資書類にも小沢氏が署名していたことが判明。このため、特捜部は、小沢氏が資金操作にどこまで関与したか、石川議員らによる収支報告書の虚偽記載をどこまで認識していたかに注目している。

 一方、石川議員は、土地代金4億円を「小沢氏の個人資産」と供述しており、特捜部はこの原資について、小沢氏の説明を求めるとみられる。

 小沢氏は、父親の遺産を妻と息子3人の各名義で預けていた信託銀行口座から98年と01年に引き出して自宅と事務所に保管していた計約3億6千万円、93年に出版し72万部を超えた著書「日本改造計画」(講談社)の印税収入の残り約9千万円などにより、04年の土地購入時には4億数千万円と十分な資金があったと主張する見通しだ。

 ただ、特捜部は、土地購入と同じ04年10月に本体工事の入札があった「胆沢(いさわ)ダム」(岩手県奥州市)の受注をめぐり、小沢氏側に裏金を提供したとする中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)元役員らの供述を得ており、裏金が4億円の一部に含まれている疑いがあるとみている。このため、小沢氏の説明に矛盾がないか詳しく調べるとみられる。

   ◇

 小沢氏は22日、札幌市で催された党北海道連のパーティーに出席した。自らの資金管理団体をめぐる事件を念頭に「毎度お騒がせしております」と切り出して会場の笑いを誘ったものの、翌日に予定される特捜部の事情聴取などには一切触れなかった。

 午後に東京から空路で北海道入りした小沢氏は、鳩山内閣の10年度予算案の成果を強調したうえで、「夏の参院選が最終の戦いになる」と訴えた。あいさつの後すぐに新千歳空港に向かい、東京にとんぼ返りした。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内