asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > PCウイルス  
【PCウイルス】
 
ウイルス発信源、日本は9位 社会基盤が攻撃対象に

 ネットセキュリティー対策会社の大手、米シマンテックの最高技術責任者ロブ・クライド副社長が来日し、朝日新聞とのインタビューで、同社の調査でウイルス発信源の第9位に日本が入ったことを明らかにするとともに、最近の傾向として、電力、ガス、上下水道など社会基盤が攻撃対象になってきているなど、次のように語った。

 ――最近のウイルスの実態はどうですか。

 「当社は世界180カ国、2万5千カ所にウイルスを検知するセンサーを置き、早期警戒警報を出すシステムを持っており、ブラスターの感染拡大の1日半前に警報を出すことができた。しかし、コンピューターの脆弱(ぜいじゃく)性が発表されてから、実際にウイルスが検知されるまでの時間は短くなってきている。去年は平均6カ月、今年のブラスターはたったの26日。いずれゼロ日になることを恐れている」

 「ウイルス被害見積額は今年400億ドルにのぼるという推定もある。ブラスターは、1社で復旧費を含め1億ドル以上の被害を受けたところもある。被害を公表したがらない企業もある」

 ――マイクロソフトが犯人情報提供者に懸賞金を出しましたが。

 「マ社から資金回収しようとは思わない。法律にまかせる問題だと思う。技術だけでは犯人は特定できない。どこから感染が始まったか発信源は分かっても、世界中のコンピューターを踏み台にできる。だから防御、緊急対応、社内の管理と監査、警報など統合的な対策が必要だ」

 ――ファイアーウオールなどの安全対策ソフトはユーザーにとって煩わしい面がありますが。

 「旧バージョンは確かにユーザーを質問攻めにするところがあった。新バージョンは改善している」 (11/13 06:20)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission