現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. プレーバック1週間
  5. 記事

大規模な地面陥没 深さ3メートル、住宅6軒傾く 岐阜

2010年10月20日13時18分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真敷地が陥没し、ブロック塀が壊れた民家=20日午後0時11分、岐阜県御嵩町顔戸

写真陥没した道路=20日午後0時38分、岐阜県御嵩町、朝日新聞社ヘリから、小玉重隆撮影

図拡大  

 20日午前9時ごろ、岐阜県御嵩町顔戸(ごうど)で、地面が東西約50メートル、南北約60メートルにわたって陥没した。深さは最大約3メートル。可児署によると、付近の住宅6軒が傾き、中に住民数人がいたが、けが人はなかった。同町は5世帯17人に対して避難指示を出し、9人が避難した。周辺の町道は通行止めになっている。

 可児署によると、傾いた6軒のうち1軒は空き家で、現在は倉庫として使われている。8人が顔戸公民館に、1人は親類宅に避難している。住宅の傾きの大きさは最大で約50センチ。町道では深さ約3メートルの陥没があった。住民の一人は「19日夕方からミシミシという音がしていた。20日午前9時ごろ、地震のような音とともに陥没した」と話しているという。

 被害にあった加納幸枝さん(69)は、午前9時ごろに庭で洗濯物を干していると、2、3回、ドンドン、バリバリバリという音と地震のような揺れがあり、地面が傾いてガラスが割れる音を聞いたという。「危ないと思ってすぐに逃げた。部屋の壁が落ちた所もあった。本当にびっくりしている」と話した。

 近くに住む佐々木美千代さん(60)は「近所の家が斜めに傾いているのが見える。玄関のドアがゆがんで開け閉めができなくなっている。近くにすり鉢状の穴が2カ所あった」と話した。

 御嵩町によると、町面積(約56平方キロメートル)の約3分の1に亜炭鉱跡が広がる。現場付近も地下15〜30メートルに空洞があるとされ、2007年9月には、現場付近で東西約40メートル、南北約30メートル、深さ最大約1メートルの陥没があった。

 現場は東海環状道の可児御嵩インターチェンジから北東に約900メートルで、住宅や田畑が点在している。

    ◇

 かつて御嵩町内には亜炭鉱があった。戦中戦後の時期は国内有数の産地で、地下が空洞になっている場所もあるという。今年8月にも町内2カ所の住宅の軒先で陥没が見つかっている。鉱害復旧の基金などで被害に対応している。

 陥没現場の近くに住む無職羽賀晴久さん(61)は朝から買い物に行っており、昼前に帰宅した際、陥没を知った。「ロープが張られていて近づけないが、大きいようだ。以前にも近くで陥没があった。何とかしてほしい」と話した。

 近くに住む女性は「うちも西の方にある畑が1メートルほど陥没した。住民に警察が避難してと伝えていた。被害に遭った住宅の玄関のドアがゆがんでしまい、開け閉めができない状態で、家は斜めに傾いているのが見える」と話した。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介