現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. プレーバック1週間
  5. 記事

「麻原、詐病やめて考え述べよ」オウム土谷被告が手紙

2011年2月15日7時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 地下鉄、松本両サリン事件などで、猛毒のサリンを製造したとして殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑判決を受けたオウム真理教元幹部・土谷正実被告(46)が15日の最高裁判決を前に、一連の事件の被害者や遺族への謝罪や後悔の念をつづった手紙を朝日新聞などに寄せた。

 手紙は1日付(便箋〈びんせん〉12枚)と7日付(同6枚)。初公判で「尊師の直弟子」と自称し、二審では出廷を拒否して教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)への強い帰依心を見せていたが、上告審になって「信仰心を利用され、凶悪犯罪に加担してしまった」と述べている。手紙の要旨は次の通り。

     ◇

 不幸にも一連のオウム事件の犠牲になられたご遺族・被害者の方々へ 心の底からおわびし、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 麻原死刑囚(以下、麻原)は坂本堤弁護士一家失踪事件直後から「事件は教団を陥れる国家権力の陰謀」と吹聴していました。数人の実行犯を除き、信者全員がこの麻原の言葉を信じて疑っていなかったと思います。

 1995年4月に逮捕された私は、麻原の説法通り「国家権力の陰謀」が判明すると期待しましたが、逆に捜査が進むにつれて麻原のうそが次々と暴露されました。悲惨な被害状況への罪悪感から来る良心の呵責(かしゃく)と、麻原への帰依心との間で葛藤し、気持ちが離れそうになりました。

 ところが、9月にある宗教体験をして帰依心がよみがえり、初公判で職業を「尊師の直弟子」と述べ、麻原への帰依を表明し続けました。私の態度がご遺族・被害者の心情を害し、非難を免れないと覚悟しています。

 転機は、麻原の裁判に証人出廷した経験でした。麻原は期待に反して(被告人質問で)一言も証言せず、迷いが生じ始めました。麻原には堂々と証言してほしかった。「弟子をほっぽらかしにして逃げたのではないか」という思いが強まりました。

 帰依心がはっきり崩れ始めたのは、06年12月、麻原の一審判決での挙動を記した雑誌を読んだ時でした。私は法廷で02年7月から03年2月まで麻原と接しましたが、麻原は私の証言を理解できていましたし、裁判長の反応も気にしていました。精神疾患の兆しは全くありませんでした。1年しか経過していない一審判決時に精神病を患っているわけがない、詐病に逃げたのだと思うしかなくなりました。

 地下鉄サリン事件のご遺族の証言が非常にこたえ、弁護人の反対を押し切って松本サリン事件のご遺族・被害者の供述調書を証拠として同意しました。私がいなければ、教団がサリンを保有することはあり得なかったのだから。証言に対して何と言えばよいのか、言葉が見つかりませんでした。「すいませんでした」ではあまりに軽すぎる。

 麻原は個人的な野望を満足させるため、弟子たちの信仰心を利用しながら反社会的行動に向かわせたと思わざるを得ません。「嫌だ」と思ったけれども、「無心の帰依」とばかりに自分自身の思考・判断をかなぐり捨て、上層部の指示・決定のままに従い、結果として一連の凶悪犯罪に加担してしまった。このような苦渋に満ちた経験を経て、私は自身の気持ちに素直であり続けたいと思っています。

 弟子たちを次々と違法行為に駆り立てたこと、その結果として何の落ち度もない多くの命が奪われたことに対し、麻原は教祖としてどのような考えを持っているのでしょうか。詐病をやめて、一連の事件に関連する事柄について述べてほしい。

 麻原への帰依心を深めた源について考えると、幼少時にさかのぼります。夢をコントロールでき、正夢になることもありました。そうした内的体験に対する希求心があり、オウムの修行を知ると即、没頭していきました。その事実を前にすると、もはや「生まれてこなければよかった」という気持ちになります。

     ◇

 〈土谷正実被告の一、二審判決認定事実と罪名〉 1994年3〜6月、幻覚剤PCPを製造=麻薬取締法違反▽同年6月、長野県松本市でサリンを噴霧して7人を殺害=殺人幇助(ほうじょ)など▽同年12月〜95年1月、化学剤VXで3人を襲撃=殺人、殺人未遂▽同年3月、東京都内で地下鉄にサリンをまいて12人を殺害=殺人、殺人未遂

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介