現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. プレーバック1週間
  5. 記事

児玉清さん死去、77歳 「アタック25」など司会

2011年5月17日20時16分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大児玉清さん

 温厚な二枚目役やホームドラマの脇役で知られ、クイズ番組や書評番組の安定感のある司会ぶりにも定評があった俳優の児玉清(こだま・きよし、本名北川清〈きたがわ・きよし〉)さんが16日、胃がんのため東京都内の病院で死去した。77歳だった。通夜は20日午後6時、葬儀は21日午前11時30分から東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿で。喪主は妻北川好子(よしこ)さん。

 東京生まれ。学習院大在学中から演劇活動に入り、劇団・劇場座を結成。卒業後、1958年に東宝ニューフェース13期生に合格し、「悪い奴ほどよく眠る」の新聞記者役、「別れて生きるときも」ではヒロインの初恋の相手役を演じた。

 67年にフリーとなってからはテレビを中心に活躍、「ありがとう」などのホームドラマに多く出演した。「白い巨塔」(78年)では正義感に満ちた弁護士役を好演。近年も「HERO」の次席検事役、「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の救命センター部長役、大河ドラマ「龍馬伝」の龍馬の父親役などで存在感を示した。

 また、75年から続く長寿番組「パネルクイズ アタック25」の司会を務めていたが、4月から体調不良のため休演していた。読書家としても知られ、書評番組「週刊ブックレビュー」の司会者としても親しまれた。著書に「寝ても覚めても本の虫」「負けるのは美しく」などがある。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧