asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 公的資金注入  
【公的資金注入】
 
新生銀が再上場、買い集中し初値872円 破綻から5年

東京証券取引所の吉野貞雄専務(右)から上場通知書を受け取る新生銀行の八城政基会長兼社長
東証1部上場を果たし、東京証券取引所の吉野貞雄専務(右)から上場通知書を受け取る新生銀行の八城政基会長兼社長=19日午前9時30分、東京・日本橋兜町で

 新生銀行が19日、東京証券取引所第1部に上場した。前身は98年10月に経営破綻(はたん)し、一時国有化された旧日本長期信用銀行。国から株式を取得した外資系投資グループが経営を立て直し、破綻から5年余りで再上場にこぎ着けた。一時国有化された銀行が再び上場するのは初めて。

 取引開始から買い注文が集中し、午後に入ってようやくついた初値は1株872円と売り出し価格(525円)を大きく上回った。不良債権が少なく、03年9月末の連結自己資本比率が大手銀行の倍近い20%超という財務の健全性などから投資家の人気を集めているようだ。

 初値での時価総額は約1兆2千億円と銀行ではりそなホールディングスに次ぐ6番目の規模となった。

 株主である米リップルウッドを中心とする投資グループは、発行済み普通株式の約3分の1にあたる計4億4000万株を国内外で売り出した。証券会社への手数料などを除いた売却額は約2200億円に上る。投資額は計1210億円で、今回の売り出しだけで約1千億円の利益をあげたことになる。残る約3分の2の保有株を含めた上場益は、初値で約1兆円に上った。

 00年3月に旧長銀の株式を取得したリップルウッドなどは、米国流の手法で経営立て直しに取り組んできた。旧長銀から引き継いだ債権の価値が2割以上下がれば国に買い取りを請求できる「瑕疵(かし)担保条項」も活用して不良債権処理を急いだ。00年の大手百貨店そごうの倒産は、新生銀が債権放棄を拒否して国に債権を買い戻させたことがきっかけになった。

 一方、旧長銀時代を含めて計約8兆円の公的資金が投入され、うち旧長銀の債務超過を穴埋めした3兆7035億円は損失が確定している。今後の回収状況次第で、国民負担がさらに膨らむ可能性もある。 (02/19 13:10)


 関連情報  


 公的資金注入関連記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission