静止気象衛星「ひまわり8号・9号」

 赤道の上空約3万6千キロ(地球3個分)の静止軌道を約24時間かけて1周する。地上からは止まってみえるので静止衛星と呼ばれる。燃料を含めた重さは約3500キロ、太陽電池パネルを開いた時の全長は約8メートル。雲を観測して台風の進路や集中豪雨の予測をする。これまでは30分間かかった観測が10分間に短縮されるほか、カラー映像を地上に届けることができる。8号と9号は同じ設計で、8号は2014年10月7日、9号は16年11月2日に打ち上げられた。

太陽電池パネル

 衛星を動かすための電力を太陽光のエネルギーを使って発電する。多目的衛星の7号と比べ8号と9号は気象観測のみのため消費電力が少なく、パネルが3枚から2枚になった。

通信用アンテナ

 直径2.2メートル、重さ7キロで、地上と通信するために使う。炭素繊維を材料に使って軽量化を図っている。

可視赤外放射計

 気象観測データを取得する世界最先端の能力を持つセンサー。画像のきめ細かさがこれまでの2倍になるなど、性能が大きく向上している。

 可視赤外放射計を使った観測のシミュレーション映像。衛星から見えている範囲を北極から南極方向に10分間で観測できるほか、台風など観測したい地点をピンポイントで選ぶこともできる。

熱放射面

 本体内部の機器が発する熱をここから逃がす。銀を蒸発させて表面に付着させたガラスを使っている。

熱制御材

 宇宙空間の激しい温度変化から人工衛星を守るため、断熱フィルムで機体を覆う。表面温度は日なたでは約120度、日陰では零下約150度に達する。

アポジエンジン

 ロケットから切り離された後、自分の力で静止軌道に移動するために使う。酸素がない宇宙空間でも比較的容易に推力を得ることができるヒドラジンという化学物質を燃料として使っている。

スラスタ

 人工衛星の姿勢を正したり、軌道の微修正をしたりするエンジン。アポジエンジンと同じヒドラジンを燃料としている。

スター・トラッカー

 人工衛星の向きを知るために恒星の位置を観測する機器。この情報をもとに姿勢を制御する。

dummy

3Dで見る新型衛星 ひまわり8号・9号

お使いのブラウザーで「3Dで見る新型衛星 ひまわり8号・9号」はご覧になれません。
PCまたはMacの最新ブラウザーからアクセスして、ご覧ください。