メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

インフラリスク 災害大国 迫る危機

主要な火力発電所、地震高確率地域に6割 朝日新聞調査

 暮らしを支えるインフラが狭い国土にひしめく日本。地震の発生確率が高い地域にも、火力発電所や石油コンビナートなどが数多く広がっています。「インフラリスク」の現状を探り、対策を考えます。[詳細へ]

PR情報
全国のインフラリスク

あなたの街は?

住所や地域名を選択すると、30年間で震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が表示されます
(防災科学技術研究所「地震ハザードステーション」をもとに作製)。

「大字・町丁目位置参照情報 (2011年版) 国土交通省」をもとに作製。市町村合併を反映していない部分もあります。

 

30年間で震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

00.13626100%

地震発生確率などの調べ方

ウェブサイト

防災科学技術研究所「地震ハザードステーション」

http://www.j-shis.bosai.go.jp/

防災科学技術研究所「地震ハザードステーション」

J-SHIS Mapスタートボタンを押して起動、画面をクリックすると特定の地点の「30年以内に震度6弱以上になる確率」などが数値で表示される

地震調査研究推進本部「地震の長期評価」

http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02.htm
活断層や海溝型地震の発生の恐れがある場所、規模、30年以内に起きる確率などが示されている

朝日新聞社会部 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • ショッピング大人に人気のナノスパイダー

    世界最小級の46mmサイズ

  • ブック・アサヒ・コム宇宙飛行士の古川さんと読む

    「宇宙からの帰還」

  • 【&M】伝統の中にも技術革新

    バーゼルワールド

  • 【&w】デザイナーの顔が見える雑貨

    名児耶秀美インタビュー

  • Astand「羽生結弦を倒す男」は誰?

    日本男子黄金時代へ!

  • 写真

    ハフポスト日本版 「ムーミン展」開幕

    日本初公開の原画やジオラマも

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報