メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 【災害大国】あすへの備え

    地震火災の恐怖

     火災による死者が9割近くを占めた関東大震災。過密化が進んだ現在も地震による火災の脅威は大きい。地震時、火災は同時多発的に発生し、消防力の限界を超え、90年前のように火に囲まれる恐れもある。どんな心構えで備え、発生したらどうすればいいのか。

地震火災の出火原因

関東大震災は中央防災会議「1923関東大震災報告書」。
阪神大震災、東日本大震災は総務省消防庁「火災年報別冊」

【1】同時多発火災シミュレーション

木密…木造住宅密集地   非木密…マンションも点在する住宅地

風速は1秒あたり。グラフ上部の時間をクリックすると火災が広がる様子が確認できます。
シミュレーション画像は、総務省消防庁の消防研究センター提供

3軒の炎、6時間後600軒に

 【合田禄】入り組んだ路地は幅が狭く、車が対向できない。木造2階建て住宅がびっしりと並び、空き地もほとんどない。間口の狭い旗ざお地もある。鉄筋の建物はほとんどなく、幹線道路も近くを走っていない。

 そんな木造住宅の密集する市街地で、総務省消防庁の消防研究センター(東京都調布市)の細川直史・地域連携企画担当部長に、同時多発火災のシミュレーションをしてもらった。

 大地震の後、互いに約400メートル離れた3軒の民家から火の手が上がる想定だ。

 揺れで家屋が倒壊するなどして道路がふさがり、車が通行できない。他の場所でも、複数の火災が同時に発生し、消防車は街に来ないことを前提とした。

 3軒の火災の火は、風速10メートルの風にあおられ、密集した住宅から住宅へと燃え広がる。2時間後には3カ所で計100軒が燃え、延焼はさらに続き、3時間後には火の手に囲まれる地域が出てきた。

 4時間後、3カ所の火の手は合流し、周辺へ向けて拡大。6時間後には600軒以上が焼け、延焼はなおも広がり続けている。

 シミュレーションは、木造住宅密集地と、木造が密集しておらず、マンションも点在する住宅地について、風速10メートルと3メートルの、計4パターン試した。マンションも点在する住宅地は、幹線道路があり、マンションのほか、駐車場、畑、公園がある場所だ。

 木造密集地でも、風速が3メートルなら、延焼は6時間で140軒程度。マンションも点在する住宅地は、10メートルなら110軒ほど、3メートルなら60軒ほどにとどまった。

 細川部長は「住宅の密集具合や風の条件によって結果が大きく違う」。火災の際には、すぐそばに火が迫るまで自宅から火災を眺めていたり、消火に取り組んだりする人が多いというが、「消火できないときは目の前の火事にとらわれず、同時多発火災を考えて、避難を決断することが大切」と話す。

 共同研究者で東京理科大の関沢愛教授は「火がどこまで迫ると危険なのかの判断は難しい。一斉に避難すると道路が混雑する。『津波てんでんこ』と同じで、火の手が遠いうちでも、個々人が判断して広域避難場所へ逃げる必要がある」と話している。

避難判断、生死を分ける

 【編集委員・黒沢大陸】関東大震災での火災は、横浜市で289件、東京市で134件発生した。余震が相次いだこともあり、初期消火はままならず、東京市では77件が延焼、16万6千棟が焼けた。4万人が犠牲になった被服廠(ひふくしょう)跡をはじめ火災の死者は全体で9万人。多数が死亡したのは学校の校庭や寺社など比較的狭い避難場所だった。

 現代は90年前より消防力は高まり、火災で燃えないビルも立ち並んだが、木造住宅の密集地域はいまも存在し、火災の脅威は大きい。政府の想定では、大都市部で発生する地震で、強風時などの悪条件だと、死者の3割から6割近くが火災で犠牲になる。

 地震の際の火災は、平時のように消防車が何台も駆けつけて消火してくれる状況ではない。東京湾北部地震では、東京都は811件の火災を想定しているが、東京消防庁が持つポンプ車は488台。消防車が足りないだけでなく、道路も平時のようには通れない。

 自宅や地域で初期消火をしなければ、延焼して逃げ場を失い、初期消火を続けていれば逃げ遅れる。名古屋大の廣井悠准教授(都市防災)は「どこで火災が起き、延焼しているのかなど、自分が置かれた状況がつかみにくい。安全な避難場所への道路は通れるかどうか、どのタイミングで避難すればいいか。情報の伝達や入手方法を考える必要がある」と話す。

 津波のような警報もなく、台風のように避難指示も出ない状況で、自分で避難の時期と場所を決めなければならず、その判断に自分や家族の生命がかかる。広くて安全な避難場所や、複数の避難経路を考えておく必要がある。

 もちろん、火事そのものを減らす対策も大切だ。近年の地震火災の主な原因は電気による出火だ。地震時に電気が自動で切れるブレーカーの設置などの対策は家庭でもできる。燃えにくい住宅を増やすことや耐震化などは、延焼を遅らせ、逃げる時間を稼げる。

 超高層マンションの地震時の防火対策、高齢化が進んで増えた要援護者の避難対策の確認も必要だ。

  • 「表面・関東震災鳥瞰図絵」ビューアーへ
  • 「裏面・震災後の一年間」ビューアーへ
「関東震災全地域鳥瞰図絵」読み解き

 1923年9月1日の関東大震災から1年たった24年(大正13年)9月15日、大阪朝日新聞は、付録として「関東震災全地域鳥瞰図絵」を発行した。絵図は吉田初三郎画伯が描いたもので、関東大震災の主要な被害のほか、当時の交通網や世情も反映され、裏面は「震災後の一年間」と題して、被害状況と復旧状況をまとめ、各地の写真を載せている。…[続きを読む]

逃げる目安、考えておこう

室崎益輝・神戸大名誉教授

 同時多発火災での大都市の危険性が理解されていない。都市の近代化や消防の整備が進み、関東大震災のようなことは起きないという思い込みがあるが、当時の地図と見比べれば、今の木造密集地域の方が過密で危険だ。

 延焼速度が速いと複数の火炎に取り囲まれ退路を断たれる。同時多発火災は、延焼速度が1時間に100メートルまでが逃げられる限界。200メートルでは難しい。初詣のような雑踏で避難する状況の中で、どれだけの速さで逃げられるか考えてほしい。前に進めたとしても、壊れた家が道を塞ぎ、橋が壊れているかもしれない。

 木造が密集している地域では、火災の多発が避けられず、かつ延焼速度も速くなるので、バケツなどで消火をしている時間的余裕はあまりない。地域の危険性に応じて、10分間だけ消火して逃げるとか、避難の目安を決めておく必要がある。

 また、巨大な火炎が迫ってくるので、炎から100メートル離れていても焼け死ぬことがある。逃げ込むのは小さな公園や近所の小学校ではなく、広域避難場所に指定されている広い場所でないと危ない。そこまで行けない高齢者が逃げ込める避難ビルのような施設を考える必要もある。

 大火を防ぐには、まちを燃えにくくするか、出火件数を減らすしかない。燃えない街づくりには長い年月がかかる。常備消防の大幅増も難しい。とりあえず、消防団員の増員や、自主防災組織のトレーニングや装備の充実で地域の消火能力を上げていくべきだ。家庭では、感震ブレーカーを設置したり、逃げるときにブレーカーを落としたりするなど、通電火災の防止をはかって火災を少なくする努力もいる。

災害大国 被害に学ぶ

◆【災害大国】被害に学ぶ・特集へ

過去の災害の被害や将来の被害想定から、必要な対策を探り、備えに役立つ情報をお伝えします。

◆【災害大国】あすへの備え・特集一覧

タイムライン・熊本地震(4月14~15日)

写真、SNSの反応などをまとめてタイムラインで

タイムライン・熊本地震(4月16~17日)

写真、SNSの反応などをまとめてタイムラインで

福島からの母子避難

原発事故のあと福島県外で避難生活を送る母子。負担に耳を傾けました

農業用ダム・ため池、510カ所で耐震不足

震災で決壊した藤沼ダムの解説映像

被災地から一覧

被災者と同じ空気を吸う記者たちが、リレー方式でつづります

やっぺし 大槌の日々一覧

大震災の被災地、岩手・大槌駐在の記者が現地から報告します

銚子電鉄から見た震災々一覧

自主再建を断念した銚子電鉄の沿線をめぐる

【2016 震災5年】

「震災5年特集・別刷り紙面」ビューアー

紙面別刷り特集!あの日から、重ねた5年

検索データが語る大災害

災害時にどんな言葉を、どんなタイミングで検索しているのでしょうか

【2015 震災4年】

 ふるさとの復興への思いを語る西田敏行さんインタビューや「データで見る被災地」「原発の現状」など特集紙面がご覧いただけます。

 発生から2年までの復旧・復興への歩み、原発事故のその後を、この特集でさぐる。多くの困難なのか、それでも前を向く人々。「忘れない」という誓いを胸に、これからも支えたい。

 かつて「野鳥の森」と呼ばれた福島第一原発敷地内の森は、汚染水をためるタンクで埋め尽くされそうとしている。

(阪神大震災20年)遺族の思い

朝日新聞社と関西学院大人間福祉学部による遺族調査

【阪神大震災20年】レンズの記憶

被災直後の神戸の街や人々の写真を公開

会員限定 阪神大震災・「あの日」の紙面

阪神大震災 阪神大震災

 1923年9月1日の関東大震災から1年たった24年(大正13年)9月15日、大阪朝日新聞は、付録として「関東震災全地域鳥瞰図絵」を発行した。絵図は吉田初三郎画伯が描いたもので、関東大震災の主要な被害のほか、当時の交通網や世情も反映され、裏面は「震災後の一年間」と題して、被害状況と復旧状況をまとめ、各地の写真を載せている…[続きを読む]

  • 「表面・関東大震災俯瞰図絵」ビューアーへ
  • 「裏面・震災後の一年間」ビューアーへ

◆ 地震動予測地図

地震調査研究推進本部の資料から

◆ 女子組版「災害時連絡カード」

印刷して切り抜き、財布などに入れてお使いください

 鹿児島県・口永良部島で29日、噴火があった。箱根山では火山性地震が増え、噴火警戒レベルが引き上げられた。昨年は御嶽山が噴火、桜島や西之島は活発に噴火を続け、蔵王山でも地震が増加、日本が火山列島だと痛感している。…[続きを読む]

著者:朝日新聞社 価格: ¥1,680

 朝日新聞のシリーズ企画「災害大国 迫る危機」が本になりました。活断層、津波、地盤、斜面災害、インフラ、火山のリスクを地域ごとに示した大型グラフィックや対策の現状などを収録。書籍化のために各地域の災害史を書き下ろしました。いつ見舞われるか分からない災害の備えとして役立ちます。B4判変型(縦240ミリ、横260ミリ)でオールカラー、120ページ。

日本列島ハザードマップ 災害大国・迫る危機

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】“本物志向”のクリスマスを

    ドイツ企画のツリーで〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】美山産ジビエは今が旬

    京のひと皿

  • 写真

    【&M】会場風景を写真で紹介

    大阪モーターショー開催

  • 写真

    【&w】三世代でつなぐお正月料理

    平野レミ、和田明日香〈PR〉

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム養老孟司が書いた「遺言。」

    口述ではなく書き下ろし

  • 写真

    WEBRONZA柿澤勇人インタビュー

    「メリー・ポピンズ」に出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANラファエル・デ・カルデナスの

    発想力を生んだ「好きなもの」

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ