写真・図版

鳥の背に乗って空を飛ぶ佐助。「奇々怪々猿飛佐助薩摩落」(凝香園、博多成象堂 大正四[1915]年)

 真田一族というたぐいまれなキャラクターを物語の中で野放図に活躍させるため、明治時代の創作者たちがどのような工夫をこらしてきたか延々と述べてきた。真田十勇士のひとりで忍者の代名詞と言える猿飛佐助はもともと、現代の忍者キャラのような超人的な能力は持っていなかった。当初の設定では身長180cmを超える怪力の持ち主ではあったが、忍術といっても高速移動や超ジャンプ、闇夜や人混みにまぎれて姿を消す程度の能力である。前回はその佐助が小さく素早く猿っぽくなり超人と化すまでを紹介する予定だったが、明治のフィクション世界はあまりに複雑で、真田幸村の息子や孫たちの活躍を描いたところで話が終わってしまった。

 少しだけ復習と補足をしておこう。明治の娯楽物語では、真田一族を始め豊臣方の残党たちは絶大な人気を誇っていた。創作者たちは読者の期待に応えるため、真田一族をなるべく多くの場所で活躍させなくてはならない。だから関ケ原の戦いの後、史実では幸村が紀州九度山で蟄居(ちっきょ)していた時期に、豊臣方の仲間を増やすため諸国漫遊をするという設定を作る。

 同じ頃に、こちらも人気が高かった武将・後藤又兵衛に旅をさせれば、その途上で幸村と出会わせて夢の競演を実現させられる。「槍(やり)の又兵衛」は今でこそ主役は張れない扱いだが、講談速記本の世界では押しも押されもせぬ大スターだった。忍術使いたちのパワーインフレが到来、竜巻を起こして侍たちを吹っ飛ばし火を自在に操り城を燃やすようになった時、彼らの頭を抑える役を担ったのが又兵衛である。

 後藤又兵衛が名鎗(めいそう)日本号を振り回すと、全ての忍術が無効になってしまう。又兵衛はもとより気合が入っているから忍術がかかりにくい。その上、名鎗日本号は槍でありながら貴族らに与えられる正三位の位を賜っている。槍に位階を授けるというのは不思議な話だが、講談速記本では次のように書かれている。

 一天万乗の大君より、関白殿下秀吉公の勲功をご賞美あって、恩下賜にあいなったる御剣であったが、秀吉公もこのままたばさんでおるのは、いかにも恐れ多いというので、これを槍といたされた。この槍には前々から三位の位が付いておりまして、世にこれを日本号ととなえまする。
(「豪傑後藤又兵衛」石川一口、立川文明堂 明治41[1908]年)

読んでも詳細は不明だが、とにかくすごい槍なのだ。だから又兵衛が日本号を振り回せば、忍術など破れてしまうのが当然だ。といったなんだかよく分からない理屈である。

 実際に又兵衛が忍者に強かったのかどうかはともかく、明治大正時代の創作者たちは、こういった設定をいくつも作り続けた。そして創出されたもうひとつの歴史を舞台にして、数多くの物語を作りあげていく。もちろん史実とは異なるもので、有り体に言えば嘘(うそ)の歴史である。

 架空の世界で豊臣残党たちは、大坂の陣の後に島津氏が治める薩摩へ落ち延び、再度の旗揚げをもくろむ。一度などは幸村の息子の真田大助が荒川熊蔵、島津の穴森伊賀守といった名だたる豪傑の面々を引き連れて駿府の城に乗り込み、大坂城返還の御墨付(おすみつき)を手に入れてしまう。

写真・図版

鉄砲隊に囲まれた荒川熊蔵。勇士に弾は当たらないという設定があるため、262kgの鉄棒を振り回し徳川の軍勢を打ち懲らすことができる。
「荒川熊蔵漫遊記」(凝香園、博多成象堂 大正四[1915]年)

 もちろん帰り道では、徳川家の手の者が暗殺しようと躍起になるが、無駄な抵抗というものである。荒川熊蔵は、加藤清正が豊臣秀頼を守るため真田幸村に進呈したリーサルウェポンともいうべき豪傑で、70貫(約262kg)の鉄棒を6時間振り回し続けても疲れを感じない男だ。大坂夏の陣では松平忠直が引き入る3万5千の軍勢をたったひとりで追い返している。真田大助は星を見れば未来の全てが分かるという特殊能力を持つ上に射撃の名人、しかも武芸や軍学にもたけている。全ての暗殺計画が失敗してしまうのは当然だといえよう。

 駄目押しとばかりに大助は、徳川家を転覆させるため井ノ口谷に潜伏していた福島正則の元家臣、圧倒的に強く体形のおかしい桂市兵衛とその郎党69名を仲間に引き入れる。徳川方が用意した鉄砲や大砲は、桂市兵衛と仲間たちが全てねじ切り捨ててしまい、大助と豪傑たちは徳川侍を気が済むまで殴り付けた後、無事に島津へ帰り来る。しかし徳川家の家臣で「天下の御意見番」として知られる大久保彦左衛門が老骨にむち打って島津までやってきて、お家のため涙を流し土下座。彦左衛門に同情した幸村は、御墨付を返してしまう。

 だが、これであきらめないのが幸村を始めとする豊臣残党のしぶとさだ。卑怯(ひきょう)者の徳川家がいる日本は駄目だとばかり、豊臣残党の面々は遠く琉球に進出。そこから西洋を侵略しようとするも、豊臣秀頼の病死により計画は頓挫する。無念の残党たちは、日本全国へ散り散りバラバラになってしまう。

写真・図版

年老いた猿飛佐助(右)
「忍術の怪傑伊集院八郎」(高山義山・述、大川屋書店 大正六[1917]年)

 こんなストーリーを下敷きに、無数の創作者たちが真田一族のその後を描き続けた。イラストの老人は、薩摩落ちした後の猿飛佐助である。豊臣残党たちが島津を去った後も、彼は一人古城に残って忍術の技に磨きをかけていた。幸村から「豊臣方が受けた恩義を返せ」と命を受け、島津藩の勇士にその忍術を全て伝えるため、ただひとり残っていたというわけだ。

 佐助は、とある豪傑に全てを伝授すると、島津に別れを告げて故郷へと旅立つ……。「猿飛佐助は大坂の陣で死にました」と片付けるよりも、ずっと佐助ファンを喜ばせる結末であろう。

■大人をボコる子供たち

 無念の豊臣の残党たちが日本全国へ離散したという設定によって、真田一族のみならず豊臣残党の息子たちは、その後も数知れぬ作品で活躍をすることができた。

写真・図版

福島正則を軽くいなす秀若丸
「豊臣秀若丸:忠孝美談」(凝香園、博多成象堂 大正七[1918]年)

 豊臣秀頼の息子、豊臣秀若丸もそんな息子たちの一員だ。怪力の持ち主で剣術の達人、軍学にもたけている。ストーリーは単純で、猿飛佐助の息子東馬、霧隠才蔵の息子小源太を引き連れて、日本全国の徳川方の殿様を秀若丸が懲らしめながら世直しをする。漫遊に出た年は13歳、早めの旅立ちの理由は、徳川秀忠が寿命で死んでしまう前に復讐(ふくしゅう)するためである。

写真・図版

猿飛小太郎(上)と和田平助。どこからどう見ても子供である
「和田平助正勝:甲賀流忍術名人」(凝香園、博多成象堂 大正四[1915]年)

 猿飛佐助の息子は東馬の他にもまだまだいる。実の息子・猿飛小太郎幸時と、再婚した妻の連れ子和田平助正勝である。なんといっても子供であるから、猿飛佐助より少々忍術は劣り、時にピンチに陥るが、徳川侍などに負けはしない。

 13、14歳の子供が大人の侍をボッコボコにするのはいくらなんでもやりすぎの感があるが、これにはちゃんと理由がある。実は大正時代に入り、講談速記本は子供向けの読み物になっていた。明治三〇年から四〇年にかけて講談速記本を読んでいた普通の人々の知的レベルが向上していたのである。

 本格的な推理小説は、すでに明治時代には何作か登場している。ところがこれがあまりウケない。ストーリーが複雑すぎて、理解できない人々がたくさんいたからだ。大正時代になると、日本全体の読者たちのレベルが向上し、ようやく推理小説ブームが発生する。作品だけあってもダメで、娯楽分野はお客さんの準備が整わなければ成立しないということがよく分かる。

 読者の期待に応じるように、複雑なストーリーを持つ大衆小説が勃興してくると、講談速記本は古くさく幼稚な物語として打ち捨てられることになってしまった。しかし講談速記本は、大正時代の子供向け読み物として復活する。子供が読む作品だから幼稚でも大丈夫だろう、といった雑で浅はかな販売戦略ではあるが、実際これが大ウケしてしまうのである。

 現代でも大人が子供に読ませたい物語と、子供が読みたい物語に多少の差異はあるだろう。講談速記本はまさしくそれで、荒川熊蔵や塙団右衛門などの豪傑が、悪人を鉄棒で殴り付け身体粉みじんにしてしまう。一般的に知られている明治大正時代の児童文学とは別のもうひとつの子供の世界である。

 とはいえ新たに書かれた子供向け作品では、主人公たちも若返り、とうとう子供になってしまう。彼らも悪人は懲らしめるが、鉄棒で脳天を割ったりはしない。卑怯未練な徳川侍のちょんまげを切り落とし、投げ飛ばしたり殴ったりする程度である。当時の子供たちは、ほぼ同年齢の少年忍者たちが華麗な忍術を使い、徳川侍を薙(な)ぎ倒していくのを愉快がって読んでいたのではなかろうか。

 この話が猿飛佐助に何の関係があるのか、と思われるかもしれないが、ここでもう一度、和田平助正勝や豊臣秀若丸の挿絵を確認して欲しい。どう見ても子供で大兵肥満ではない。大正時代に至り、ようやく小さな子供も特殊能力を使えば大兵肥満の武士を倒せるというイメージが確立される。これが小さな猿飛佐助の原点だ。

写真・図版

1959年の長編アニメ映画「少年猿飛佐助」
原作・檀一雄。信濃の山中に住む少年が忍術を学び、真田幸村と共に山賊や妖術使いを倒す。DVD発売元:東映ビデオ、販売元:東映、税抜4,500円

 少年忍者の活躍に胸躍らせていた子供たちも、やがて大人になっていく。その中には小説や漫画の世界に入っていったものもあるだろう。大兵肥満の武士たちを翻弄(ほんろう)した少年忍者たちが、彼らの創作に影響を与えなかったわけがない。

 現代の映画などで海外の主人公たちはおおむね筋骨隆々で巨大である。それに対して日本の物語では痩せた少年が強大な敵と互角に戦ったりする。これは不合理だと批判されることもあるが、歴史的には以上のような経緯があった。現代日本のヒーロー像が明治大正の娯楽から強い影響を受けている、ひとつの表れと言えよう。

■忍術は催眠術だった!!

 21世紀の今、忍者は日本を飛び出して世界的に活躍している。科学技術の粋をこらした特殊素材の黒装束を身にまとい、素早い動きで敵を攪乱(かくらん)してはバッタバッタと切り倒す。時には空を飛び、ビームのようなものすら出してしまう。こんな現代の忍者キャラの源流となったのが、明治大正時代に流行した講談速記本である。事実、巻物を口にして九字を切るとガマが出てくるといった江戸時代の忍者像は、今や鳴りを潜めている。

 前章でようやく猿飛佐助が小さくなってしまった理由は紹介できたが、彼が超人的な活躍をするために、明治大正期の創作者たちはオカルトブームを待たなくてはならなかった。オカルトと佐助になんの関係があるのか、と不思議に思うかもしれないが、これもこの時代の混沌(こんとん)ゆえの出来事である。まずはこの朝日新聞の記事を見ていただきたい。

写真・図版

超能力新実験の記事(朝日新聞 1910年12月24日付)

 明治時代、千里眼や透視、そして念写能力を持つ長尾いく子さんという女性が有名だった。そのいく子さんの不思議な能力に京大の科学者が挑んだという記事である。現代では大学が超能力に関する実験を行い新聞が記事にするという状況はあまり考えられないが、明治は不思議を不思議のまま放置せず、理屈と科学で解釈しようという機運が強かった。

 これはオカルトに限ったことではなかった。小説の世界でも、嘘の物語はかなり長く嫌われていた。明治の中頃まで猿飛佐助が空を飛べなかったのもこれが理由で、忍術も科学的に解明できなければ読者は納得してくれない。

 明治期に嫌われたものの一つに迷信がある。西洋に追い付くため、当時の人々は合理的になろうとしていた。その萌芽(ほうが)は維新前にすでにあった。福沢諭吉が合理性を好み、迷信や過去の因習を嫌ったことは有名である。子供の頃に諭吉はお札(ふだ)を踏んだり尻拭きに使ったりしても祟(たた)りがないことを確認して喜んでいたが、こういった感覚が庶民にも広がっていったのが明治という時代である。彼らにとって、猿飛佐助が説明不可能の忍術で飛ぶというのは、全く受け入れがたい話であった。

 ところがオカルトブームが起きることで、不思議な現象であっても解説できるのであれば納得しようという機運が発生する。明治三六(1903)年には

 忍術一に隠身術とも云う。これまた術者の魔力と思えども、然らずして対者の主観的作用に他ならず。(「催眠術実験の成蹟」佐々木九平、誠進堂)

という解釈がなされている。簡単に翻訳すると「忍術とは催眠術である」という内容だ。催眠術は科学であるから、不合理さはない。オカルトブームで不思議な現象についての理解も広がりつつある。圧倒的な能力を持つ忍術を、物語の中に登場させるお膳立てがようやく整った。

 そこに颯爽(さっそう)と現れたのが三宅青軒である。

■忍者キャラ生みの親

 三宅青軒は初期の大衆小説家で、恐らく日本で最初に合理的な忍者、つまり今も活躍する忍者キャラを創作した人物である。この人がいなければ、現在世界的に親しまれている「忍者」の登場は少なくともかなり遅れていたはずだ。

写真・図版

1899年ごろのニュージーランドの新聞に掲載されたアニー・アボットのポートレート
Tony Wolf / The Bartitsu Society

 三宅青軒に影響を与えたのが通称「アニー・アボット」という怪力で名をはせた米国人女性である。男数人を持ち上げ、手のひらで押さえつけた椅子が何人がかりでもびくともしないという怪力術の見せ物で知られたアニー・アボットは、明治二八(1895)年に来日。日本での興行中、講道館を設立した柔術家・嘉納治五郎と弟子の富田常次郎、そして医学博士の丸尾文良が彼女のトリックを見破った、ということになっていた。彼らは嬢の怪力を合気の術と催眠術だと解釈している。この結論が正解なのかどうかは、今となっては分からない。

 当時は世界中の人々が、アボット嬢の怪力の秘密を見破ろうしていた。動物電気(シビレエイやデンキウナギなどが発する電気)や催眠術、磁気の力など、様々な議論があったようだ。かのトーマス・エジソンも「これは電力ではないか」と推測したりしているのが面白い。信じられないかもしれないが、学術雑誌でも議論になっていた。

写真・図版

三宅青軒の快挙
「名士の笑譚」(吉井庵千暦、大学堂 明治三三[1900]年)

写真・図版

忍術は催眠術である
「桔梗丸:豪傑小説」(三宅青軒、大学館 明治四二[1909]年)

 そんなわけで当時の日本人は、西洋人にも分からないことが日本人に分かったのだと喜び、アボット嬢の怪力解明は一つの事件になっていた。講道館の人々と医学博士がアボット嬢のトリックを暴いたのと同じ時期かほんの少し前、実は三宅青軒自身が力比べで彼女に勝利している。青軒はアボット嬢の怪力を「柔術でいうところの合気の術、いわゆる動物電気の作用である」と主張していた。原理が分かったから力比べに勝利できるというのも不思議な話で、単純に青軒の力が強いだけではないのかという気もするが、本人にとってはかなり感慨深い出来事だったようだ。

 この事件の後、三宅青軒は催眠術や千里眼、丹田呼吸(下腹部の筋肉を利用した呼吸による健康法)などを当時としては科学的に研究し始める。自身の小説でもその知識を応用し、動物電気柔術の使い手や、火を自在に使う由井正雪の娘など様々なキャラクターを生み出した。中編で紹介した「鳥さし胆助」の作者も実は青軒で、空を飛び目で岩を砕くといった超人的能力は丹田呼吸を高度にしたものだ、と解説されている。いくらなんでも丹田呼吸が万能すぎるが、明治の人はそれなりに納得していたのだろう。もちろん忍術についても、相応に合理的な解説をしている。

 三宅青軒が不思議な術に魅せられ研究した理由のひとつとして「俺が最初にアニー・アボットの怪力のトリックを見破ったのだ」という自負があったことは間違いない。「菊水正吉」(大学館 明治四一[1908]年)という作品の主人公もアボット嬢と同じく力技の見せ物興行で金を稼ぎ、司馬遼太郎のごとく作中で青軒自身が怪力を出す秘法を解説までしている。

■丁寧な水増し、広がる忍者物語

 一般的には立川文庫の創作者たちが「猿飛佐助」を考案したとされている。ただし佐助が登場した当初、現在の忍者キャラクターと比べるとかなり能力的に劣っていた。彼らは派手な忍術を科学で説明する術がなく、地味な技しか使わせることができなかったのである。

 そんな時、立川文庫の創作者たちは三宅青軒の「桔梗丸」を講談速記本化した「豪傑明智光若丸」という作品を書き上げる。「桔梗丸」では、忍術とは催眠術であるという科学的な解釈がなされていた。立川文庫の面々は、作品を書き直すことでその解釈を知ることとなり、忍術を作中で自由に使う能力を手に入れてしまう。

写真・図版

雑になっているが三宅青軒とほぼ同内容の解説
「豪傑明智光若丸」(玉田玉秀斎・講演[他]、此村欽英堂 明治四二[1909]年)

 「豪傑明智光若丸」の後、彼らはさらに「鬼丸花太郎」という物語をつくる。花太郎は忍術使いであり、火や水の幻覚を見せ大軍を食い止め、姿を消し城に忍び込んでは人を眠らせる。オーソドックスながらも、現在の忍者像と比べても見劣りしない能力を持っている。さらには暗い過去を持ち、単独でスパイ活動をしたあげく悲劇的最期を迎えるという、現代の忍者物に欠かせない非情な運命も設定している。あまりに出来が良いため、この物語も原作があるのではないかと疑ったが、今のところ発見できていない。

 立川文庫の創作者たちの特徴として、とにかく仕事が丁寧という点が挙げられる。盗作するにしろ、新しい要素を付け加え物語を水増しすることを怠らない。結果、オリジナルの物語より面白くなることがある。もちろん品質が下がることもあるのだが、とにかく努力を忘れない。この作業によって彼らは小説の技術を自然と習得し、物語のバリエーションを増やした。その成果が後の真田十勇士らの活躍につながるわけだが、ここで最も重要なのは立川文庫の創作者たちが、忍術を科学で説明する術を身に着けたという点である。

 この解釈を使えば佐助が空を飛ぶというのも、実は催眠術で空を飛んでいるように見せているのだと説明できる。もっとも子供向け物語の中で佐助の忍術は物語が繰り返されるたびに徐々にエスカレートしていき、最終的には超ジャンプを繰り返したり大風を呼んだりすることによって物理的に空を飛んでしまう。ただ明治や大正時代の忍術は、基本的には理路整然と解説できるものであった。

 江戸の古臭い忍者や妖術ではなく、現代にも通用する忍者キャラを初めて作ったのが三宅青軒、それを洗練させて応用し活用しまくったのが立川文庫。こういった流れの末、ようやく猿飛佐助や霧隠才蔵たちは物語の中で自由に飛行できるようになったのだ。

 以上見てきたように猿飛佐助というキャラクターは、明治大正時代の流行から色濃く影響を受けている。忍術は催眠術だという解釈も、それ以前に催眠術の流行があったからこそ生まれたものだ。立川文庫やその類書で忍術使いが活躍したのも、映画による忍術ブームがきっかけだった。

 ブームに当て込んで子供向けの物語が濫造(らんぞう)されるようになると、忍術の詳しい解説は影を潜めてしまう。忍術映画を見た子供たちは、スクリーンで人間がパッと消え空を飛ぶ姿をすでに見ている。本の中で忍術使いが同じことをしていても、もはや不思議に感じることはなかったのだろう。

■武闘派魔法少女の登場

 今回は主に明治大正時代の娯楽物語に登場する真田の一党を紹介してきたが、いずれも過小評価されている作品ばかりである。実際読むと本当に価値のない作品も多いが、こうして並べて眺めてみるとなかなか捨てたものではない。

 私がこういった作品ばかり読んでいるため、かなりひいき目があるのだろうが、現在漫画やゲームで活躍しているキャラクターたちの原型の多くは、明治大正時代の物語に登場しているように思える。真田一族についてはすでに紹介した通りである。ついでにいうと、女性キャラクターも当然存在している。

写真・図版

忍術を使う雪姫様
「忍術漫遊戸沢雪姫」(春江堂編輯部編、春江堂 大正三[1914]年)

 図は戸澤雪姫という女性の忍術使いである。姿を変えて日本全国を漫遊し、徳川侍を殴ったり山賊たちを皆殺しにしたり、大坂の陣では徳川の軍勢を翻弄したりもしている。

写真・図版

柔術で男を手玉に取る雪姫様
「忍術漫遊戸沢雪姫」

 やっていることは猿飛佐助とほぼ同じで、つまり忍術使いというキャラクターを女体化させたのが戸沢雪姫だ。戸沢雪姫は戸沢山城守の娘、つまりお姫様であり、身分を隠し不思議な力で悪人を懲らしめ人々を救う。魔法少女シリーズの原型のようなキャラクターともいえる。

 こういうことを書いていると、時折「そんなものは江戸時代にもあった」と批判されることがあるが、そう言う人はそもそも明治大正と江戸時代の娯楽物語を読み比べてみたことがあるのだろうか、と疑問を持ってしまう。

 例えば江戸時代の娯楽物語「伊賀越乗掛合羽」に「不死身の武助」という人物が登場する。不死身の武助は、不死身だから刀が身体に通らない。ところが星の光で照らした正宗の名刀だと不死身の肉体であっても斬れる、という設定だった。江戸の人なら納得してくれようが、明治以降の読者に「星の光で照らした名刀だけが斬れる」といった寝言は通用しにくかった。ただ、不死身というのはなかなか面白い能力だ。だから講談速記本では「異常に傷の治りが早いキャラ」と解釈する。それだけでなく、不死身だけどやっぱり刀で斬られるとケガをして痛い、といったギャグまで挟んでくる。

 講談速記本は、このように過去の不合理な物語を語り直し、近代人が了解可能な物語に改良した。文明開化で近代化を急いでいた明治時代、ともすれば打ち捨てられようとしていた古い昔の物語たちを、一時的に保管したのが講談速記本だと捉えることもできるだろう。両者は対立するものでもなければ同質の存在でもない。

 残念ながら「すでに存在するものを語る」という講談の性質からして、講談速記本は新しいものを生み出すのはあまり得意ではなかった。そこで登場したのが初期の大衆小説である。講談速記本と大衆小説は、互いに弱い点を補完しながら人々を楽しませる物語を生産していった。

■現代への回路

 それにしても、真田一族と共に戦った荒川熊蔵や桂市兵衛、雪姫を始めとする無数の忍術使いなど、個性的な面々が現代ではあまり顧みられていないのは実に惜しい。アメコミの世界で1930年代に登場したキャラクターが今も大切に扱われているのとは雲泥の差である。

 しかし悲観的になる必要はない。

 レベルが低いということで一度は消えそうになった講談速記本は、大正時代に子供向け作品としてよみがえる。それらの作品群は、昭和に入っても貸本屋で流通し続けた。これまで見てきたように、子供向け作品群には講談速記本はもちろん、初期の大衆小説が磨き上げてきた物語の要素が埋め込まれている。最初期の貸本漫画家たちが、これらの作品群から影響を受けていないわけがない。

 中編で解説したように「鳥さし胆助」という最初期の大衆小説は、盗作されることによって講談速記本や子供向けの物語で活躍し続け、長く愛される物語となった。「鳥さし胆助」に限った話でもなく、講談速記本の英雄たちは、様々な娯楽分野でストーリーや設定をパクられ、時にはパクり返している。その結果、英雄たちの物語は断片化し、至るところでごった煮にされながら、大地に水が染み渡るように広がり続けた。オリジナルの物語を知らないままに豪傑・岩見重太郎の妖怪退治に郷愁を覚える人々もいる。もちろん真田の物語も例外ではない。今もありとあらゆるジャンルで、真田伝説の面影を感じることが出来るだろう。共通の記憶のような存在となった英雄譚(たん)は、次の世代へ表現の種を蒔(ま)いた。

 アニメの世界では、スタジオジブリの宮﨑駿監督が、少年時代に戦後復刻された講談速記本を読みまくっていた、と聞いたことがある。講談速記本の定番の必殺技として、助走を付けずに2mほど飛び上がる天狗昇飛切(てんぐしょうとびきり)という術がある。天狗昇飛切の術は忍術として扱われていることが多いが、忍者だけでなく剣豪塚原卜伝、槍術(そうじゅつ)の名人亀井新十郎、そして剣聖宮本武蔵など有名な豪傑は皆この技を使いこなすことができた。

写真・図版

必殺技の定番、天狗昇飛切の術
「天狗の術を使ふ木鼠小法師」(玉英子、樋口隆文館 大正三[1914]年)

 創作の中で彼らのジャンプ力はどんどん向上し、大正時代には連続して飛び上がることによって空をも飛んでしまう。重力をものともせず軽やかに飛び回る宮﨑アニメのキャラクターに、講談速記本の空飛ぶヒーローたちの影を見ることは、決して的外れではないと思う。

 もちろん小説の世界への影響は絶大で、幼少時に講談速記本の世界に出会い、長じて真田十勇士らの活躍する小説を手がけた作家は吉川英治・柴田錬三郎・司馬遼太郎……と枚挙に暇がない。影響の受け方は表現者によってそれぞれ異なる。たとえば少年時代にチャンバラ映画や子供向け物語に親しんだ池波正太郎は、荒唐無稽さ、痛快さで読ませる忍者小説の系譜と距離を置いた。

 代表作「真田太平記」などは、講談速記本に欠けていたものを全て取り込んでいる点で際立っている。江戸や明治大正の真田物語では、幸村の兄信之はあまり活躍しない。登場人物は「強い」「弱い」、「悪」「善」ぐらいの区別しかなく、こまやかな感情のひだが描かれることもない。ついでにお色気シーンも存在しない。想像だが、池波は古い物語を深く読み込んだ上で、その欠落を補おうとした結果「真田太平記」のような名作を書くことができたのではなかろうか。

写真・図版

ゲーム「戦国BASARA」の真田幸村
©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

 また、「サスケ」など忍者漫画の第一人者である白土三平の作品では、忍術のからくりが合理的・科学的に種明かしされている。これも明治時代に三宅青軒が、雑で荒っぽくはあるものの、すでに試みていたことではある。

 1960年代に書かれた「真田剣流」の主人公の少女の名前は「桔梗」だ。三宅青軒の作品には明智光秀の小姓が活躍する「桔梗丸」がある。もしかすると白土もどこかで青軒の小説に触れていた可能性が……などという妄想をはじめてしまうとキリがないので、ここらで止めておこう。

     ◇     ◇

 ともあれ、明治大正時代の娯楽物語から現代の我々が受け取った恩恵は計り知れない。講談速記本には、そのまま現代の作品に登場しても十分に活躍できそうな魅力的なキャラクターたちが息づいている。もはや作者が誰なのかすら分からない作品も多いが、明治大正時代に無名でありながらも十分すぎる才能を持った人々がいて、彼らが作り上げた講談速記本や初期の大衆小説により、江戸と現代の物語の間を埋める偉大な仕事が成し遂げられた。

 講談速記本とは、いわば我々の物語の故郷ともいうべき存在だ。時代の中に消えていった天才らが残した作品たちは、確かに私たちがいま享受している物語につながっている。現代によみがえった真田一族の活躍を楽しむ時にそのことを思い起こしていただければ、一愛好者としてこれにまさる喜びはない。

山下泰平さん

 やました・たいへい 1977年、宮崎県出身。立命館大学政策科学部卒。京都で古本屋を巡り、明治大正の娯楽物語などの研究にいそしむ。2011~13年、スタジオジブリの月刊誌「熱風」に「忘れられた物語――講談速記本の発見」を連載。