メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

政治資金

 政治家は、政治活動に使うお金をどうやって集め、飲食費にはどれぐらい使っているのか。朝日新聞は政治資金収支報告書を独自に集計し、現職閣僚と各政党党首28人を例にランキングしてまとめた。(2016年11月25日時点、随時更新中)。

いちからわかる

関連ニュース

最新ニュース

200万円受領問題、下村氏らを告発 収支報告に未記載容疑(2017/7/31)

 自民党の下村博文・幹事長代行を支援する政治団体「博友会」が2013年と14年、学校法人「加計学園」(岡山市)の秘書室長から政治資金パーティーの費用として計200万円を受け取ったことを巡り、市民団体が…[続きを読む]

関連キーワード

  • 政治資金収支報告書(2010年02月09日 夕刊)

    政治団体の1年間の収入や支出について記した報告書。総務省や都道府県選管に年1回の提出が義務づけられ、一般に公開される。収入では、党費や会費、個人や企業からの寄付、パーティー収入などの内訳を記載。年5万円超の寄付の場合は氏名や住所を明記しなければならない。支出では、人件費や事務所費といった経常経費や政治活動費などの内訳を記す。

  • 政治献金(2009年06月16日 朝刊)

    政治資金規正法は、企業・団体から政党・政治資金団体への献金の上限を750万円〜1億円と定める一方、政治家の資金管理団体への献金は禁止している。資金管理団体への個人献金は可能で、同一の候補者へは上限150万円。鳩山氏の資金管理団体の07年の政治資金収支報告書によると、実の母と姉、秘書が150万円の上限いっぱいで個人献金している。

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ