現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 尖閣諸島問題
  5. 記事

海保職員、ネットへの投稿認める 映像流出で事情聴取

2010年11月11日3時1分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図拡大  

図拡大  

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐるビデオ映像が流出した問題で、「自分が流出させた」と名乗り出た神戸海上保安部の男性海上保安官(43)が警視庁と東京地検の事情聴取に対し、映像を持ち出して動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿したことを認めていることが10日、捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁と東京地検は、この保安官を国家公務員法の守秘義務違反容疑で近く逮捕する方針を固めている。ただ、流出させた動機や、映像をどう持ち出してどう投稿したかなど具体的な説明はしていないといい、警視庁などは10日夜にいったん聴取を打ち切った。まだ十分な裏付けが得られていないとして、11日午前から再び聴取し、流出に及ぶまでの具体的な状況を詰める考えだ。

 海上保安庁の関係者によると、衝突事件が起きた9月7日、保安官は第11管区海上保安本部(那覇市)で中国語の研修を受けていたという。事件を担当した石垣海上保安部(沖縄県石垣市)を所管する11管には事件直後に、石垣海保で編集された衝突の場面の映像が電送されていた。石垣海保の職員は同庁の調査に「研修用として編集した」と話しており、映像が研修の素材として使われていれば、保安官が映像に接する機会があった可能性もある。

 保安官は巡視艇「うらなみ」の主任航海士。海保関係者によると、保安官は同船に乗り組んでいた10日午前9時ごろ、上司の船長に流出させたことを申し出た。船は神戸港に帰港し、第5管区海上保安本部(神戸市中央区)に戻った後、身柄が警視庁に引き渡され、警視庁の捜査員と東京地検の検察官の聴取を受けた。

 捜査関係者によると、保安官は聴取に、「私がやりました」と映像を流出させたことを認めている。投稿に使われたパソコンがある神戸市中央区のインターネットカフェは、5管や神戸海上保安部が入る庁舎の北約1キロにあるが、保安官はこの店に行ったことも認めているという。

 問題の映像は、石垣海保が撮影・編集し、証拠として那覇地検に提出したものとほぼ同じもの。「sengoku38」の登録名で、今月4日午後9時前後にユーチューブに投稿された。

 捜査当局は10日、ネットカフェ側から、映像が投稿された4日前後の防犯カメラの映像やパソコンの利用履歴などの提供を受けた。しかし、カメラの映像は鮮明でなく、保安官の出入りの確認は難しいという。パソコンの利用履歴も客が替わるたびに消える仕組みという。

 捜査当局は、保安官の公用、私用パソコンや外部記憶媒体を分析するなどして、保安官による映像の持ち出しやサイトへの投稿の裏付けを進める。容疑が固まり次第、一両日中にも逮捕し、東京に身柄を移す方針だ。

 ただ、流出した映像については、国会議員が一部を見ているほか、海保内部で多くの職員が見られる状態にあった可能性がある。刑事罰を科すべき事案なのかについては議論があり、捜査当局は今後、起訴するかどうかを決めるにあたって慎重な判断を迫られそうだ。

     ◇

 〈国家公務員法の守秘義務違反〉 同法100条は、「職務上知ることのできた秘密」について、在職中はもちろん、退職後も漏らすことを禁じている。最高裁の判例は、同法でいう「秘密」を(1)公には知られていない事実で(2)実質的にも秘密として保護するに値するもの――と定義し、その判断は裁判所がするとしている。官公庁が形式的に「秘密」と指定したかどうかは直接関係ないとされる。違反した場合の罰則は、1年以下の懲役か50万円以下の罰金。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介