2005年08月20日15時30分のアサヒ・コム
		2005総選挙 このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » 遣唐使展: 東京国立博物館で開催中

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  ニュース特集 > 2005総選挙記事
 < 2005総選挙 >

広島6区にホリエモン・ショック 脅威・歓迎・反発

2005年08月19日

 堀江貴文ライブドア社長が立候補を表明した広島6区は、中国山地から瀬戸内の島々まで、過疎地も広がる広島県東部にある選挙区だ。

 「政治は金もうけの場ではない」。亀井氏は19日、朝日新聞のインタビューで堀江氏への反発を隠さなかった。亀井氏の自宅のある同県庄原市。同氏の北部後援会の道上侑会長は「過疎化に悩む中山間地に乗り込んで来て、いったい何を訴えるつもりなのか」と、首をかしげた。

 堀江氏は福岡県出身で広島との縁は薄い。亀井氏の陣営幹部は「マネーゲーム的な発想は、この地域では通用しない。こちらに風が吹く」と話すが、有名人だけに不安もある。「政治に興味のなかった人たちがおもしろ半分で投票するだろう。それが怖い」

 19日午後、6区内の自民県議12人が県庁に集まり、亀井氏支援を申し合わせた。県議の一人は「自分の名を売って会社の業績を上げるためではないか」と不快感をあらわにした。自民党県連の奥原信也幹事長は「無所属の堀江氏を県連は支援できないだろう」と話した。

 同選挙区から立つ民主前職、佐藤公治氏(比例区中国ブロック)は、「激しい選挙戦になる」と語った。無党派層の取り込みに力を入れるだけに、堀江氏と支持層が重なる恐れがある。

 後援会幹部は「若い世代が興味を示すだろう」「無所属での出馬は想定外。何を訴えるのかを見ていくしかない」と警戒する。

 民主党県連の宮政利幹事長は「あれだけの知名度は選挙に影響を与える。どんな選挙になるのか、予想がつかない」とため息をついた。

 一方で、有権者の受け止めには、歓迎と反発が入り交じる。

 同県三次市の建設業男性(33)は「球団や企業買収など、誰も手がけなかったことを大胆にしてきた。停滞する世の中を変えてくれる」。同市内の主婦(59)は「地元とつながりがなく、政治で何も実績がない。広島の有権者をなめている」と話した。


ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

注目トピックス

ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.