asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
 
 
 
 home > ニュース特集  
【小泉内閣支持率―朝日新聞社世論調査―】
 
内閣支持44%、不支持40%

 朝日新聞社は1、2の両日、全国世論調査(電話)を実施した。小泉内閣の支持率は44%で、田中真紀子外相の更迭後の前回2月調査で急落した49%から、さらに下がった。一方、不支持は40%(前回36%)に達した。外相更迭に続き、北方四島支援事業の入札をめぐる自民党の鈴木宗男代議士の疑惑や、景気対策の効果が上がらない点などが影響したとみられる。

 女性では、不支持が支持を初めて上回り、逆転した。前回、不支持が支持を上回った無党派層も、差がさらに広がった。また、これまで比較的低めだった40代、50代に加え、30代での落ち込みが目立った。

 小泉内閣のよいところを五つの選択肢から選んでもらったところ、「特にない」が全体の39%と最も多かった。「悪いところ」を五つの選択肢から選ぶ質問では「景気・雇用対策」が4割強でトップだった。

 小泉内閣が打ち出したデフレ対策や、日本銀行の金融緩和については、景気回復を「期待できない」が77%と、「期待できる」の15%を圧倒し、失望感の強さがうかがえる。

 構造改革をどんどん進めてほしいか、景気や雇用対策を優先してほしいかでは、「景気・雇用対策」が61%で、「構造改革」の30%を大きく上回った。

 小泉首相は、田中外相を辞めさせたことで構造改革を進めにくくなったと思うかでは、「進めにくくなった」が59%と、「そんなことはない」の35%を上回った。

 鈴木代議士の疑惑については、政権に「大きな影響を与える」とみる人が35%を占めた。「ある程度影響」の49%をあわせると、8割強が政権に何らかの影響を与えるとみている。

 川口順子外相のもとで、外務省改革は進んでいると思うか。「進んでいる」は3割にとどまり、「そうは思わない」が5割を超えた。

 今の政治家の中で首相にはだれが一番よいかを聞いたところ、小泉首相が23%と最も多く、2位の田中前外相(8%)、続く石原慎太郎東京都知事(6%)を大きく引き離した。小泉首相に代わるリーダーを探しあぐねている様子もうかがわせた。

 ○自民支持率も下落28%

 朝日新聞社の全国世論調査では、政党の支持率についても聞いた。自民の支持率は28%で、前々回(1月)調査の38%、前回(2月)調査の34%に続いて、さらに下落した。小泉内閣発足後では最低で、2割台に落ち込んだのは森内閣以来だ。

 自民支持率は小泉内閣発足直後が32%。昨年9月調査では最高の41%になるなど、今年1月までは30%台後半の高水準が続いていた。

 一方、民主は8%(前回7%)、共産は4%(同2%)だった。「支持政党なし」と「答えない・わからない」を合わせた無党派層は51%(同48%)に膨らんだ。  (02/03/03)




 これまでの記事一覧  








| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission