asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【小泉内閣支持率―朝日新聞社世論調査―】
 
投票先、自民下げ3割、民主は2割 本社連続世論調査

 朝日新聞社の第6回連続世論調査で、総選挙の投票先は、選挙区と比例区ともに自民が3割、民主が2割を占めた。また、選挙区に限ると「態度未定」の人の約半数が、民主党に投票する可能性があることも分かった。

 選挙区で「どの政党の候補に投票するか」では、自民31%(9月23、24両日の第5回連続調査では41%)、民主19%(同20%)、共産4%(同3%)、公明3%(同3%)など。

 「決めていない」「答えない・分からない」の計41%の有権者に「民主党の候補に投票する可能性があるか」と重ねて聞くと、「大いにある」2%、「ある程度ある」18%と、肯定的な回答がほぼ半分を占めた。

 比例区では自民29%、民主21%と両党の差はさらに縮まり、公明5%、共産4%が続く。

 過去の国政選挙前の調査結果と比べると、01年参院選公示直前では、比例区投票先が自民27%対民主7%。00年の解散直前では、選挙区と比例区の投票先が、それぞれ26%対8%、27%対9%だった。調査方法が異なるなど、単純に比較できないが、今回は民主の勢いも目立つ。

 政党支持率は自民が31%(前回37%)に下がり、総裁選・内閣改造前の水準となった。民主は13%(同9%)と上昇し、公明5%、共産3%、社民1%と、いずれも横ばい。無党派層は47%だった。

(03/10/11 00:30)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission