asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集  
【小泉内閣支持率―朝日新聞社世論調査―】
 
首相にふさわしいのは小泉48%菅21% 本社世論調査

首相にふさわしいのは
首相にふさわしいのは

 政権選択を訴える小泉首相と菅民主党代表。どちらが首相にふさわしいかを第8回連続世論調査で聞いたところ、48%と21%という結果が出た。第7回調査(10月21、22両日実施)では、56%と21%。小泉首相の低下が目立つ。望ましい政権の枠組みでは「自民中心」が35%で、「民主中心」が30%。第7回調査の41%対30%から差が縮まった。

 小泉氏は、自民党総裁選直後の第5回調査(9月23、24両日実施)で63%となったが、その後は減少傾向が続いている。特に今回は、全体の6割近くを占める無党派層で40%にとどまり、第7回調査の47%から下降した。

 菅氏は第6回調査(10月8、9両日実施)以降、3回とも21%。小泉氏への支持が減っても、それが菅氏の支持拡大につながっていない。

 政権の枠組みでは「自民中心」が減って「民主中心」と接近した。無党派層に限ると、第7回では28%対29%でほぼ並んでいたが、今回は22%対28%と、「民主中心」が引き離した。

 今度の総選挙で小泉首相が目標にする自民党の単独過半数については、「過半数を占めてほしいと思う」が34%、「そうは思わない」が50%だった。連立与党を組む公明支持層では36%と51%と、複雑な意識をのぞかせている。

 政党支持率は、自民が25%(第7回29%)、民主は13%(同14%)だった。公明3%(同4%)、共産1%(同2%)、社民1%(同2%)。無党派層は57%(同49%)に膨らんだ。

   *

 10月30、31の両日、全国の有権者に対し、朝日RDD方式による電話調査を実施した。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1085件で、回答率は55%。

(03/11/02 00:16)


 関連情報  


 これまでの記事一覧

  • 総選挙投票、景気・年金重視が4割超す 本社世論調査(03/11/02)
  • 首相にふさわしいのは小泉48%菅21% 本社世論調査(03/11/02)
  • 選挙区投票先、自民34%に増加、4割が未定 世論調査(03/10/24)
  • 「首相にふさわしい」小泉56%菅21% 本社世論調査(03/10/24)
  • 「自民軸」38%、「民主軸」30% 本社連続世論調査(03/10/11)
  • 投票先、自民下げ3割、民主は2割 本社連続世論調査(03/10/11)
  • 内閣支持率、59%に急増 本社世論調査(03/09/25)
  • 首相にふさわしいのは? 首相と菅氏の差拡大 世論調査(03/09/12)
  • 総裁選、自民支持層の8割「小泉氏よい」 本社世論調査(03/09/11)
  • 「小泉VS菅」首相には「小泉氏」 本社世論調査(03/08/25)
  • 政権、「自民中心」が「民主中心」上回る 本社世論調査(03/08/25)
  • 総裁再選支持60%、内閣支持49% 朝日新聞世論調査(03/08/24)
  • 政権枠組み「自民中心」「民主中心」並ぶ 世論調査(03/08/12)
  • 小泉内閣の支持率横ばい42% 本社緊急世論調査(03/07/28)
  • 小泉内閣支持率、42%に下落 本社世論調査(03/07/21)
  • 首相再選を過半数支持、野党伸長も半数が望む 本社調査(03/06/30)
  • 小泉内閣支持率47%、ほぼ横ばい 本社世論調査(03/06/29)
  • 小泉内閣支持率48%、わずかにアップ 本社世論調査(03/05/26)
  • 民主党支持率9%に上昇 本社世論調査(03/05/26)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission