メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

Round 4 敵か味方か? 生殖医療編 ウォームアップ

「庄説」が始まって、4カ月。
「最近、新聞読んでるんだって?」と声をかけられることが、増えた。
「品庄」の庄司智春が、新聞を読んでいる、
というのが、だいぶん認知されてきた気がする。
まあ、声をかけてくるのは、ほとんどが芸人仲間で、
イジられるネタになっていたりするんだけど。

「デザイナーベビー」

最近は、新聞を、トークライブのネタにすることもある。
この間は、あまりに衝撃的だったニュースを、紹介してみた。

「デザイナーベビー」。

病気のリスクや容姿、頭のよさ、芸術やスポーツの適性や才能を、
親の望み通りにデザインしてつくる子どものことだ。
アメリカで、自分と、卵子や精子の提供者の遺伝子情報を解析して、
望み通りの子が生まれる確度を予測する技術が開発されて、
特許がおりた、という記事を読んだ時は、心底、びっくりした。

まるで、SF映画だ。
すげー! 見てみたい!

トークライブの会場は、女性のお客さんばっかり。
会場のあちこちから「へ~っ」っていう声があがった。

これも新聞で読んだ、卵子凍結保存の話もしてみた。
若いうちに元気な卵子を保存しておいて、
仕事したいときは仕事をして、
そろそろ結婚して子どもがほしいなあ、
っていう時に、卵子を戻して、子どもが生める時代になってるっていう話だ。

ほとんどの人が知らなかったみたいで、やっぱり「へ~っ」だった。

オレら男はいらなくなっちゃうのか?

しゃべっているうちに、どんどん想像がふくらんできた。
女の子たちが、コンビニみたいなところで自分の好きな精子を選んで、
体外受精して、自分がほしいと思う子どもを産む。
もしかしたら、そんな時代が来るんじゃないか。
すごい!!

でも、ちょっと待てよ。
そうなったら、オレら男は? いらなくなっちゃうのか?

ちょっと、不安になってきた

デザイナーベビーも、卵子凍結も、最先端の生殖医療技術だけど、
新聞をよくよく読んでみると、
いろいろ問題もあるらしい。
ちょっと、不安になってきた。

デザイナーベビーや卵子凍結みたいな「生殖医療」って、
本当に味方なのか? それとも敵か!?
これは、例のところで聞くしかない。

次回から、「生殖医療」をテーマに、新しい「対戦相手」に迫るRound4が始まります。
配信は、13日ごろの予定です。

論説委員プロフィール大牟田 透

大学はお得に6年で2学部(理と文)を卒業し、1984年入社。科学・医療関係を主に取材する。ワシントン特派員で9・11、東京科学医療部長で3・11を経験した。2013年から論説委員。合理的なダイエット法で、7カ月で10キロ減量したのが最近の自慢。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ