asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 宇宙探査  
【宇宙探査】
 
09年に地球観測衛星 民間5社発表、商用で国内初

 伊藤忠商事は9日、衛星通信大手のJSATなど4社と共同で09年度に日本初の民間企業による商用の地球観測衛星を打ち上げる、と発表した。鉱物資源探査や森林の環境変化調査などを目的に、衛星から撮影した画像を国内外で販売する。防衛庁などの政府機関や日本企業の多くはこれまで、こうした衛星画像を外国企業から買っていた。新会社はこうした国内の需要のほか、高性能センサーを売り物に海外市場も狙う。

 衛星の事業会社として設立したのはワールドスペクトラム(東京都港区)。NTTデータ、画像処理会社のイメージワン、NEC東芝スペースシステムも出資。05年から開発を始め、09年度に2基の「リモートセンシング衛星」を打ち上げる。500〜800キロの上空から約1メートル四方の物体が撮れる衛星で、もともと米国で軍事偵察用に開発されたが、規制緩和された94年以降、欧米の民間5社が商用に同様の衛星を7基上げた。

 今回の衛星には世界初の高性能センサーを搭載。従来は色や形によって観測対象を判別していたのに対し、対象物の材質まで見分けられる。鉱物資源の分布や海中の海藻の生息密度、樹木が根腐れしていないかどうかなどの情報も分かる。塗装で周囲と同色にした物体も識別できるので、安全保障の用途にも利用できるという。

 2基の衛星の寿命は7年間で、総事業費は約400億円。年間売り上げは約40億円しか見込めず、不足分は文部科学省など関係省庁の資金協力を仰ぐ方針。地球観測分野では、日本はこれまで国が中心となって気象観測などの衛星を打ち上げていた。これに対し、欧米では官民共同で商用衛星の開発を進めている。

(08/10 02:04)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧

  • 09年に地球観測衛星 民間5社発表、商用で国内初(08/10 02:04)
  • 火星にも「砂丘」 探査車オポチュニティーが撮影(08/09 03:01)
  • ハッブル望遠鏡の観測機器が一部故障 復旧のめど立たず(08/07 17:46)
  • NASA、熱帯降雨衛星の運用停止を延期(08/06 18:17)
  • 原子力宇宙船にNASA本腰 海軍の技術を応用(08/06 12:26)
  • NASAが水星探査機打ち上げ 36年ぶり観測目指す(08/03 18:14)
  • 日本飛行機、ロケット開発契約で1億8千万円を過大請求(07/30 22:08)
  • 有人宇宙活動を視野に骨子案 総合科技会議専門調査会(07/28 01:13)
  • 巨大クレーターくっきり 土星探査機、衛星ミマス撮影(07/27 17:31)
  • シャトル燃料タンクの設計変更 野口さん搭乗機、改造へ(07/27 10:29)
  • 土星の輪「総天然色」で撮影 探査機カッシーニ(07/25 15:33)
  • 地球の重力、季節ごとに変動 米独の双子衛星が初観測(07/24 12:35)
  • アームストロング元船長が久々に登場 NASAのビデオ(07/21 10:15)
  • 土星に2つの顔持つ月 探査機撮影、地表に黒っぽい物質(07/16 15:09)
  • ハッブル改修にシャトル使用も 米科学アカデミーが勧告(07/14 13:32)
  • 継続中止の熱帯降雨観測衛星、月内にも観測終え海へ(07/10 11:50)
  • 土星の輪、外側は氷多く含み高密度 米大学が発表(07/09 12:04)
  • 実証実験で噴射口に亀裂、設計ミスを裏付け H2A事故(07/08 00:01)
  • メタンの雲浮かぶタイタン赤外線分析画像公開 NASA(07/04 19:53)
  • 土星の輪が消える? 探査機が酸素原子の急増観測(07/03 12:09)






  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission