asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 宇宙探査  
【宇宙探査】
 
8惑星、太陽から近い順に整列 10日から東の空で観測

地球から見て太陽と8惑星が並ぶイメージ図
地球から見て太陽と8惑星が並ぶイメージ図

 宇宙空間に出て、地球以外の太陽系の8惑星をぐるりと見渡すと、太陽を先頭に、太陽から近い順の「水・金・火・木・土・天・海・冥」と並んで見える珍しい天文現象が、10日から14日にかけて起きることが分かった。地上では地平線が邪魔で全部は見えないが、日本でも日の出前の1時間ほど、東の空から右上に向かって金星、火星、木星、土星が並ぶ様子がほぼ全国で見える。次は2536年10月。プラネタリウム解説員の金井三男さんらが計算した。

 太陽の周りを回る惑星の軌道は、冥王星を除いてほぼ同じ平面にある。しかし、公転周期がそれぞれ違うため、冥王星も同じ平面に近づいたうえ、地球から見た八つの惑星の位置がこうした順番に並ぶことは、めったにない。

 8惑星の整列は米国の天文家が専門誌で報告。金井さんや、国立天文台の相馬充主任研究員が高精度の天文ソフトで確かめた。10日より前は「太陽・金・火・木・土・天・海・冥・水」の順、15日以降は「太陽・冥・水・金・火・木・土・天・海」の順になり、徐々に順番が狂ってしまうという。 (12/11 09:10)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission