2005年03月13日18時55分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

 < 宇宙探査 >

衛星タイタンに峡谷や湖のような地形 探査機が撮影成功

2005年01月15日11時33分

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた着陸後の画像=AP

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた着陸後の画像=AP

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた降下中の上空16.2キロからの画像=AP

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた降下中の上空16.2キロからの画像=AP

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた降下中の上空8キロからの画像=AP

土星の衛星タイタンに着陸したESAの小型探査機ホイヘンスが送ってきた降下中の上空8キロからの画像=AP

 土星最大の衛星タイタンに着地した小型探査機ホイヘンスが、タイタンの素顔の撮影に成功した。欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)は14日、最初に受信した3種類を発表した。上空からの写真には、峡谷や湖、岸辺のような地形がとらえられていて、何らかの液体の存在を物語っている。

 ホイヘンスは米東部時間14日午前7時45分(日本時間同日午後9時45分)ごろ、タイタンに着地。降下中と着地後に撮影した写真や収集した大気のデータが、同午前11時20分(同15日午前1時20分)ごろ、土星を周回する親機カッシーニ経由で地球に届き始めた。

 上空16.2キロからの写真が最初に届いた。液体が流れてできる峡谷のような筋状の地形が、明るい色の地表を走り、縦に走る岸辺のような境界線の右側には、液体がたまったようにも見える黒っぽい部分が広がる。

 上空8キロからの写真には、暗く平らな地形が写り、洪水の跡に似ているという。白っぽい高台の部分と、背後の影のような黒い部分もあって、起伏に富んだ地形の存在をうかがわせる。

 NASAのトマスコ博士(米アリゾナ大)は、「表面を液体が流れているのは明らか。地球と同様、地表に液体を抱える珍しい星だ」とAP通信に述べた。タイタンの地表は零下180度前後なので液体の水は存在しない。液化した炭化水素(メタンやエタン)である可能性が高い。

 着地後の写真からは、岩のような物体が地平線まで散らばっているのがわかる。ESAとNASAは「氷の塊とみられるが、大きさや距離は詳しく解析しないと分からない」と説明。受信した約350枚の写真の処理と観測データの分析を急いでいる。


ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.