現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 宇宙・天文
  3. 記事
2013年1月3日03時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

しぶんぎ座流星群、3日夜からピーク

図:しぶんぎ座流星群の見え方拡大しぶんぎ座流星群の見え方

 【東山正宜】新年を飾る天文イベントで三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が、3日夜から4日未明にかけてピークを迎える。8月のペルセウス座流星群や12月のふたご座流星群と比べると地味だが、暗い場所なら1時間に30個ほどの流れ星が見えそうだ。

 北斗七星の近くのりゅう座にある放射点から流れるように見える流星群。3日は月明かりが目に入らないよう、北の空を中心に眺めると見やすい。

 しぶんぎ座はかつて、りゅう座のあたりにあった「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」に由来する。1928年に88星座が決まった際に外され、今はない。しかし、流星群の名称としては残り、正式名として認定されている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞デジタル天文部