現在位置:asahi.com>ニュース特集>宇宙探査>有人宇宙施設「きぼう」> 記事

宇宙ステーション 富士山上空に現る

2008年03月22日11時35分

 土井隆雄さん(53)が滞在している国際宇宙ステーション(ISS)を、埼玉県鳩山町の村岡充夫さん(51)が22日午前5時過ぎ、撮影した。

写真

富士山の上空を飛行する、土井隆雄さんが乗り組んだ国際宇宙ステーション。右はすそ野に沈む月=22日午前5時4分、山梨県の山中湖畔で、村山充夫さん撮影(長時間露光)

 しらみ始めた富士山の上空を飛ぶISSを、山梨県・山中湖畔から狙った。金星ほどの明るさで黄色く光るISSと、富士のすそ野に沈みゆく月の光が見事に融合した。

 ISSは地上から約400キロ上空の軌道にあり、約1時間半で地球を1周している。

PR情報

このページのトップに戻る