現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 日中・日韓関係
  3. 日韓関係
  4. 記事
2012年8月22日23時18分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「一喜一憂せずやるべきことを」 武藤・駐韓国大使帰任

関連トピックス

写真:金浦空港に到着し、記者団の質問に答える武藤正敏・駐韓日本大使=貝瀬秋彦撮影拡大金浦空港に到着し、記者団の質問に答える武藤正敏・駐韓日本大使=貝瀬秋彦撮影

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島(韓国名・独島〈トクト〉)上陸に抗議して、日本政府が10日に一時帰国させていた武藤正敏・駐韓大使が22日夜、韓国に帰任した。金浦空港で武藤大使は「日韓関係はなかなか厳しいものがあるが、これまでも何度も難しい状況を乗り越えてきた。一喜一憂せず、やるべきことを着実にやっていこうと思う」などと述べた。

 韓国政府による野田佳彦首相の親書返送の方針については「報道では聞いたが、正式に聞いていないので、現時点ではコメントを控える」と述べるにとどめた。(ソウル=貝瀬秋彦)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター