現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 日中・日韓関係
  3. 日韓関係
  4. 記事
2012年12月6日12時21分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

韓国選手の「竹島」問題、IOC規律委で検討へ

関連トピックス

 【平井隆介】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイス・ローザンヌで開いた理事会で、ロンドン五輪男子サッカーの日本との3位決定戦に勝った後に竹島(韓国名・独島)の領有権を主張する紙を掲げた韓国の朴鍾佑(パクチョンウ)選手について、規律委員会を設置して対応を話し合うことを決めた。

 規律委員会で銅メダル剥奪(はくだつ)の可能性を含めて検討するが、最終決定は理事会が行う。次のIOC理事会は来年2月のため、結論はそれまで持ち越しとなった。この問題で国際サッカー連盟(FIFA)は3日に、朴選手の代表戦2試合出場停止と罰金3500スイスフラン(約31万円)の処分を発表している。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター