現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 新型インフルどう対応
  5. 記事

〈6〉重症の治療は?

2009年11月5日1時47分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図

 新型インフルで重い肺炎や脳症になった人の治療は、人工呼吸器が必要になることもある。どんな病院でもできるというわけではない。厚生労働省が9月に調べたところでは、人工呼吸器は全国に約3万2千台ある。このうち、ふだん使われているのは半数だけだった。人工呼吸器はあっても医師が足りずに使えない病院がある。

 そのうえ、小児の重い呼吸障害や脳症の治療は難しい。静岡県立こども病院小児集中治療センター長の植田育也さんは「重症児は、経験豊かな小児科医がいて設備も整っている病院に運んで」と話す。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内