タイムライン

体罰を考える

 大阪市立桜宮高の男子生徒がバスケットボール部の活動中に体罰を受けた翌日に自殺した問題。橋下徹・大阪市長が「体罰が黙認され、歯止めがかけられない状態」と桜宮高の体育科の入試の中止を求めたことへの是非も注目された。「指導」との境目はどこに。体罰について改めて考える。